資料請求
つくば国際大学 在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ:診療放射線学科
安心して治療を受けてもらえるよう、
心も磨いていきたい
 家族ががんを患っていたことがあり、付き添って病院に通ううち、放射線治療のことを知りました。体への負担が少ない治療方法ということで、大きな感銘を受けたことが診療放射線技師をめざすようになった原点です。
 印象に残っている授業は、「診療画像機器学」。初めてX線発生装置の仕組みを学び、専門度の高い知識と技術を身につけたことで自信がつきました。また、臨床実習で実際の放射線治療を目にしたことは大きな経験になりました。
 心が不安定になっている患者さんに対し、丁寧にコミュニケーションを取っている診療放射線技師の方を見て、安心して治療を受けてもらえる配慮の大切さを実感しました。将来はがん治療に貢献できるよう、技術だけでなく心も磨き、人として成長したいと思います。
海老根 千賀
診療放射線学科 3年
茨城県立水戸桜ノ牧高等学校 出身

在学生からのメッセージ:診療放射線学科
学生生活のあらゆる場面に、
成長のチャンスがある
 大変な危険を引き起こすこともある放射線ですが、それを医療に役立てることができると知って、診療放射線技師への関心が湧いてきました。漠然とした興味からのスタートだったので高校時代とは違う専門性の高い授業には苦労する場面も多かったです。なかでも、放射線医薬品の扱いなどを学ぶ「核医学検査技術学」は授業についていくだけで精いっぱい。しかし、決して投げ出そうという気持ちにならなかったのは、先生が熱心に勉強に付き合ってくれたからです。
 また、医用画像サークルの活動を通して乳がん検診の大切さを伝えるピンクリボン運動に参加したこともあり、授業外でも貴重な体験ができました。こうした一つひとつの経験を糧に、診療放射線技師としての素養を磨きたいと思います。
渡辺 翔子
診療放射線学科 3年
福島県・日本大学東北高等学校 出身
在学生からのメッセージ:診療放射線学科
 当資格の取得は、放射線治療の分野で仕事の幅が広がると先生に教わり、挑戦しました。勉強の内容は、物理、化学、計測学など診療放射線技師の国家試験と重なる部分が多く、予習としても有意義でした。合格できたのは、目標を共にする学科の仲間や、先生の親身なサポートのおかげです。
 この資格を活かし、医療技術者として幅広く活躍したいと考えています。
仁田 裕大
診療放射線学科 4年
千葉県立柏中央高等学校 出身
つくば国際大学 上に戻る
つくば国際大学