資料請求
つくば国際大学 在学生からのメッセージ
在学生からのメッセージ:看護学科
看護師として働く、父の姿が自分の原点
 看護師である父の働く姿を間近に見てきました。病院ですれ違う患者さん一人ひとりをいたわる姿が印象に残っています。その姿に憧れ、いつしか、自分も看護師になりたいと思うようになりました。
 実際に入学してみると、修得しなければならない知識や技術の多さに驚きました。特に「基礎看護学実習」は試験の連続。合格点をもらうために夢中で勉強に取り組み、試験前には友人の家に泊まり込んだこともあります。少人数の環境なので、自然と先生にも話しかけやすく、積極的に質問に行きました。国家試験合格という目標を追いかけることができるのは、指導熱心な先生たちのおかげです。学べば学ぶほど、目標とする父の背中は大きく感じられますが、諦めずに努力し続けたいと思います。
小田倉 巧
看護学科 2年
茨城県立佐和高等学校 出身
在学生からのメッセージ:看護学科
スペシャリストをめざし、
充実した日々が続いていく
 入院した時に看護師さんが親身にケアしてくれたことが忘れられず、看護師をめざすようになりました。また、命を守る仕事に就きたいと考えていたのも理由です。授業は大変ですが、看護師に必要な知識を身につけるためなら頑張れます。印象に残っているのは、1年次の臨地実習。看護師の方に付いて、患者さんの状態を確認し、身体を拭き、話を聞くなどの貴重な経験ができました。病院では、ぶつかっただけで骨折してしまう患者さんもいるので、常に気を遣いながら歩かなければなりません。歩行をひとつとっても、スペシャリストになるために学ぶべきことがあり、新鮮な発見の繰り返しです。充実した日々を過ごしながら、日常の動作から看護師らしさを身につけたいです。
内村 貴盛
看護学科 2年
茨城県・水城高等学校 出身
つくば国際大学 上に戻る
つくば国際大学