つくば国際大学
つくば国際大学 在学生からのメッセージ
在学生からのメッセージ:理学療法学科
授業以外にも学びの場が広がっている
 陸上部に所属していた中学時代、ケガをすることも多く、理学療法士は身近な存在でした。真摯にサポートしてくれる姿を見るうちに、同じ道をめざすようになりました。
 「生理学実習」の授業では、筋力や血圧、肺活量などの計測方法を、実際に身体を使って学びます。レポートを作成し、皆の前で発表するのですが、最初は戸惑うばかりでした。しかし、何度も繰り返すうちに人前に立つことに慣れ、しっかり意見を発言できるようになりました。また、トレーナー活動研究会のサークル活動で地域のマラソン大会で選手のコンディショニングサポートをするなど、授業以外でも理学療法の現場を体験する貴重な機会が得られました。
 多様な学びに満ちたこの環境を活用し、国家試験合格の目標を実現したいと思います。
伊藤 夢華
理学療法学科 2年
福島県立湯本高等学校 出身
在学生からのメッセージ:理学療法学科
基礎の積み重ねが夢へとつながっていく
 高校生の時、野球部の練習中に肩を痛め、理学療法士にお世話になりました。リハビリ中も練習を続けられるように、一生懸命に施術を工夫してくれたことをうれしく思い、理学療法士をめざしました。
 入学して身体を動かしながら学びたいと思っていた自分は、最初は講義よりも実技への興味が強かったです。「解剖学」や「生理学」など、人体についての基礎を学ぶなかで、人体の構造や各部位の役割、関係性を把握していなくては、正しい施術はできないことに気づき、基礎知識を固めることを大切に、講義にもしっかりと取り組むようになりました。
 将来は、地元で理学療法士として働き、スポーツに打ち込む人をサポートしていきたいと考えています。
佐川 友規
理学療法学科 2年
茨城県・茨城キリスト教学園高等学校 出身
つくば国際大学 上に戻る