資料請求
つくば国際大学 在学生からのメッセージ
在学生からのメッセージ:保健栄養学科
食を通して、
患者さんを内面から支えられる
管理栄養士に
 認知症を患った祖父のため、何かできることはないか調べていたところ、食生活を改善することで症状の進行を抑制できると知りました。栄養面から祖父をサポートしたいという思いを胸に、管理栄養士をめざしています。
 入学までは料理をほとんどしたことがなく不安でしたが、実習を繰り返すうちに上達し、いまでは自宅でも積極的に料理をするまでになりました。
 国家試験につながる授業は、どれも気が抜けません。栄養についての知識も重要ですが、「栄養教育論」の授業では、患者さんなどの対象者に対してどのように指導していくのかを学ぶことができます。グループワークを通して、話し方やコミュニケーションの取り方も修得でき、役立っています。将来は病院に勤め、患者さんの内面にも寄り添える管理栄養士になりたいです。
早川 優希
保健栄養学科 3年
茨城県立取手第一高等学校 出身
在学生からのメッセージ:保健栄養学科
管理栄養士になるための授業は、
新しい発見ばかり
 子どもの頃から大好きな料理を活かして、さまざまなことを学びたいと思い、管理栄養士をめざすようになりました。将来は、管理栄養士として精神科の患者さんをサポートしたいと考えています。その夢を叶えるための授業は楽しく、やりがいを感じています。なかでも「生化学実験」は毎回新しい発見があり、好きな授業のひとつです。栄養素がどのような働きをしているのか、さまざまな実験を通して学んでいきます。レポート作成は大変ですが、自分で調べることで新しい知識が増えていくことを実感できます。
 先生たちはとても親切で、分からないことがあれば、研究室へ行って気軽に質問できます。授業のことはもちろん、就職活動や学校生活の相談もでき、毎日安心して学べる環境です。
林 奈都美
保健栄養学科 3年
千葉県立成田北高等学校 出身
つくば国際大学 上に戻る
つくば国際大学