つくば国際大学
つくば国際大学 在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ:臨床検査学科
スペシャリストとして長く活躍できる
医療人になりたい
 看護師として病院に勤める伯母が身近にいたため、昔から医療分野に興味がありました。その伯母に勧められたのが、臨床検査技師という仕事。検査業務を通して医療チームを支える重要な存在だと教わり、その「縁の下の力持ち」としての役割に惹かれました。
 念願であった医療人への第一歩を踏み出せて、今は学ぶことが楽しいです。特にのめり込んだのは「臨床検査総論」です。検査方法の原理や意味を勉強するなかで、スペシャリストとして適切な検査を行うためには、しっかりとした基礎知識と、それを柔軟に活用できる力が大切だと気づきました。
 将来の目標は、現場で長く活躍する臨床検査技師になること。国家試験は大きな目標の一つですが、資格取得に満足することなく学び続けようと思います。
山田 みず紀
臨床検査学科 2年
青森県立八戸高等学校 出身

在学生からのメッセージ:臨床検査学科
先生や仲間に恵まれた環境が
自分を成長させてくれる
 中学生の頃、地元の福島が東日本大震災に見舞われました。その時、被災に苦しむ人を目の当たりにして、何か自分にできることはないかと考えたことが、医療の仕事を志したきっかけです。
 つくば国際大学での学びは、驚きの連続。特に「生理機能検査学」では、血液や臓器の働きを深く知ることができ、知的好奇心が刺激されました。授業は決められた流れに沿って行われるだけでなく、先生が即興的に多様な知識を教えてくれるため、どんどん引き込まれます。少人数制なので仲間とも自然に切磋琢磨するようになり、図書館などを利用して一緒に勉強することが多いです。
 将来の目標は、医療の側面から被災地復興に貢献すること。先生や仲間に恵まれたこの環境を活かし、目標を実現したいと思います。
渡邉 亘
臨床検査学科 2年
福島県・日本大学東北高等学校 出身
在学生からのメッセージ:臨床検査学科
 昨年度の残念な結果をバネに、一念発起して第2種ME技術実力検定試験に挑戦しました。
 出題範囲は広いですが、過去問を何度も繰り返し解きながら勉強した結果、無事合格できてうれしいです。改めて、地道に努力することの大切さが実感できました。今後はさらなる向上心をもって資格試験に挑戦していきたいと思います。
山田 克也
臨床検査学科 4年
千葉県立佐原高等学校 出身
つくば国際大学