資料請求
つくば国際大学 在学生からのメッセージ
在学生からのメッセージ:医療技術学科
苦手な科目も先生や友人の応援で
克服できる
 臨床工学技士の仕事をはじめて知ったのは、小学2年生のとき。入院した祖父を担当してくれた女性の臨床工学技士の方が、機械を操作しながらも、祖父に優しい言葉をかけてくれていた姿に憧れ、私も臨床工学技士になりたいと思いました。
 物理や数学など理系の勉強が苦手でしたが、先生の研究室に行って教えてもらったり、休日は一人暮らしをしている友達のところに集まって教え合ったりして今では苦手科目から逃げない姿勢が身についたと思います。現在の目標は、第2種ME技術実力検定試験の合格です。目の前の階段を一段一段上りながら、女性の臨床工学技士として、チーム医療の一端を担える技士になりたいと思います。
丑田 汐音
医療技術学科 2年
栃木県・白鷗大学足利高等学校 出身
在学生からのメッセージ:医療技術学科
充実した環境を活用し、
幅広い技術を身につけたい
 祖父の見舞いで病院へ行ったとき、はじめて臨床工学技士の存在を知り、医療現場を支える大切な役割を担う仕事をかっこいいと思いました。また、エンジニアである父を尊敬しているので、その両方の要素をもつ臨床工学技士を選びました。
 つくば国際大学には、最新の医療機器に触れながら学べる環境があります。教科書での学びも大切ですが、実際に機器を操作する経験をたくさん積めることは、将来、現場に出たとき大きく生かされると思います。学科には文系に強い友人もいれば、理系で機械に強い友人もいて、互いの得意分野を教え合っています。これは、少人数制の強みだと思います。将来は、人工透析や血液浄化など幅広い分野に対応できる臨床工学技士になりたいと思います。
柴田 響
医療技術学科 2年
熊本県立八代高等学校 出身
在学生からのメッセージ:臨床検査学科
 医療技術学科では、学科全体で第2種ME技術実力検定試験に取り組みます。特別講義や模擬試験が定期的にあるので、自然と勉強習慣が身につきました。もちろん主体的に工夫することも大切です。過去問が解けないときは解説を見るのではなく、教科書に立ち戻って調べるようにしていました。それが知識の定着に生きたと思います。将来は臨床ME専門認定士など、さらに専門性の高い資格にも挑戦してみたいです。
荒原 裕貴
臨床検査学科 3年
茨城県立石岡第一高等学校 出身
つくば国際大学 上に戻る
つくば国際大学