第26回霞祭で医療機器展示と模擬店を行いました(医療技術学科)

 第26回霞祭で医療技術学科は、手術室・集中治療室の実習室で臨床工学技士の仕事に関係する人工呼吸器や人工心肺などの医療機器の展示と説明をしました。

 2019年11月
カテゴリー:

「第10回関東臨床工学会」に医療技術学科の学生が参加しました

 本学会は関東圏の臨床工学技士が一堂に会して行われる学術集会で、血液浄化から集中治療、手術室、機器管理業務などさまざまな発表セッションが催されました。
 また、医療機器メーカーによる製品展示ブースも設けられ、学生たちも最新の機器を興味深く観覧していました。

 2019年11月
カテゴリー:

臨床検査学科で「臨地実習直前講習」が行われました

 3年生の臨地実習に先立ち、学生がスムーズに臨地実習に向かえるよう、採血手技、生理検査の心電図検査をはじめ、生化学検査病理検査血液検査輸血検査の重要項目について、実際の検査室での様子を盛り込みながら、復習と再確認を行いました。

 2019年11月
カテゴリー:

医療技術学科:オープンキャンパス2019「体験授業」紹介(第8回)

 第8回目のテーマは「血中の酸素濃度をみてみよう!」で、酸素濃度(血中酸素飽和度)を測定する仕組みを解説し、息を止めると体内の酸素が減り血中酸素飽和度が低下していく様子を高校生の皆さんに体験してもらいました。

 2019年11月
カテゴリー:

『第26回霞祭』は無事に終了しました

 11/9(土)、10(日)に『第26回霞祭』が開催されました。
 昨年と同じ暖かい日差しを感じる秋晴れの中、みなさんにお越しいただき『第26回霞祭』は無事に終了することができました。

 2019年11月
カテゴリー:

医療技術学科:「第1回医療技術学科卒業研究発表会」を行いました

 『透析中における簡便な心電図計測のための下肢誘導に関する基礎的検討』、『臨床現場における研修支援のためのeラーニングシステムの開発』、『透析治療における抜針検知を目的とした改良型電極の開発』などのテーマで、それぞれに意欲的に取り組んだ研究を発表しました。

 2019年11月
カテゴリー:

中国で行われたARAHE(アジア地区国際家政学会)で保健栄養学科の吉田先生が発表を行いました

 中国杭州市でのARAHE(アジア地区国際家政学会)で保健栄養学科の吉田惠子先生(保健栄養学科・教授)が「豆類の抗酸化性」について発表しました。

 2019年10月
カテゴリー:

医療技術学科:授業紹介「生体機能代行装置学基礎実習」(2019年度)

 臨床工学技士が保守管理を担う生命維持管理装置の操作や運用について学ぶ「生体機能代行装置学基礎実習」が始まりました。

 2019年10月
カテゴリー:

「いきいき茨城ゆめ国体2019」でおふるまい料理(特産のれんこん使った中華スープ)を提供しました

 おふるまいのメニューは「土浦名産!れんこん団子のこんこん中華スープ」です。早朝から本学科の学生、教職員がれんこん団子の仕込みをして、会場にて加熱調理をしました。
 おふるまいが始まるとテントの前には列ができ、学生は笑顔でおもてなししながら『美味しかったよ』などの声がとても嬉しかったそうです。

 2019年10月
カテゴリー:

日本移植学会総会にて看護学科の山縣香織先生の研究発表が「奨励演題発表」に選ばれました

 広島市で開催された「第55回日本移植学会総会」にて、山縣香織先生(看護学科・講師)の研究発表が、学会の選ぶ奨励演題発表「APPLYING AND DOING!」に選出され、記念品が贈呈されました。

 2019年10月
カテゴリー:
つくば国際大学 ~Tiu-Style~ 上に戻る