資料請求

理学療法学科の深谷隆史 先生、井手夏葵 先生が国際学会にてポスター発表を行いました

 深谷隆史 先生(理学療法学科・教授)、井手夏葵 先生(理学療法学科・助手)がパリで行われた第12回 ISPRM World Congress(ISPRM2018)(国際リハビリテーション医学会)でポスター発表を行いました。


12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM2018)
(国際リハビリテーション医学会)


Palais des Congrès de Paris
(パレ・デ・コングレ・ド・パリ)
(フランス)


Influence of knee joint kinematics and external moments on joint load during the stance phases in severe knee osteoarthritis
(重度変形性膝関節症における歩行立脚期の関節運動と外的モーメントの関係)


深谷隆史(理学療法学科・教授)


Effects of opposite directional resistive static contraction of the muscles around the scapulae on the unexercised contralateral soleus H-reflex
(肩甲骨の抵抗運動が対側ヒラメ筋H波に及ぼす影響)


井手夏葵(理学療法学科・助手)
  • 深谷隆史先生(理学療法学科・教授)、井手夏葵先生(理学療法学科・助手)が国際学会にてポスター発表を行いました
    深谷隆史 先生
  • 深谷隆史先生(理学療法学科・教授)、井手夏葵先生(理学療法学科・助手)が国際学会にてポスター発表を行いました
    井手夏葵 先生
 | 
2018年10月
 | 
2018年10月
上に戻る
つくば国際大学 ~Tiu-Style~