「13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress」に本学理学療法学科の教員が研究成果を発表しました

 神戸で開催された「13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress」に理学療法学科に所属する深谷隆史 (教授)有田真己 (助教)の2名がそれぞれ自身の研究成果を発表しました。ここで得られた経験を糧に、さらに研究に励みたいと思います。



13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress
(第13回国際リハビリテーション医学会世界会議)


Analysis of hip and knee joint kinematics in the horizontal plane after total knee arthroplasty
(TKA術後の水平面上における股関節と膝関節の運動学的分析)


Takashi Fukaya 深谷隆史(理学療法学科・教授)
Hirotaka Mutsuzaki
Koichi Mori


Differences in perceived exercise effects by elderly and young people
(高齢者と若年者における運動効果の実感の特徴)


Naoki Arita 有田真己 (理学療法学科・助教)
Wataru Nakano
Akihiro Araki
Koichi Iwai
日本ALS協会茨城県支部 令和元年度総会・交流会に理学療法学科の学生がボランティアとして参加しました
有田真己(理学療法学科・助教)
つくば国際大学 ~Tiu-Style~