つくば国際大学

つくば国際大学 看護学科

看護学科トピックス

看護学科トピックス(2019年度)

看護学科トピックス(2018年度)

 このコラムでは、介護保険制度による「介護サービス」について研究している両先生が、介護サービスを上手に活用するポイントを解説しています。
 5月、6月は大槻先生が担当し、3回の掲載となりました。
2018年7月
 【続きを読む】
 看護学科で就職説明会を開催しました。
 実習病院をはじめとした病院施設に参加いただき、多くの学生が参加しました。
 採用担当者や本学卒業生の看護師から説明をうけ、学生は熱心に聞いていました。
2018年6月
 【続きを読む】
 看護学科では「リハビリテーション看護学」の授業を開講しています。
 環境や健康状態の変調、身体機能および身体損傷による日常生活や地域での活動や参加を妨げられた人々の療養環境の調整、廃用性機能低下予防、合併症予防、セルフケア確立援助に対するエビデンス、技術方法について学びます。
2018年6月
 【続きを読む】
 このコラムでは、介護保険制度による「介護サービス」について研究している両先生が、介護サービスを上手に活用するポイントを解説しています。
 月に2回の掲載を交代で担当しており、4月は仲根先生が担当しています。
2018年4月
 【続きを読む】

看護学科トピックス(2017年度)

 この研究は、タブレット端末を用いて、農村過疎地域で在宅介護をする家族を遠隔地から支援する試みを検証するもので、介護サービスを補完し、在宅介護をするご家族の負担軽減につなげるものです。

2018年2月
 【続きを読む】
  麻生先生(看護学科 教授)が、韓国で行われた「21st East Asian Forum of Nursing Scholars & 11th International Nursing Conference(第21回看護学者東アジアフォーラム&第11回国際看護会議 共同開催)」で、ポスター発表を行いました。
2018年1月
 【続きを読む】
 11月に開催されました霞祭での看護サークルで出店した企画の売上金(28,265円)を、土浦市社会福祉協議会に寄付しました。
2018年1月
 【続きを読む】
 この研究は、北関東の高齢化率40%の農村過疎地域において、在宅介護を続けている40~60代女性を対象に、「在宅介護の実際」について聞き取り調査を行ったものです。
2017年12月
 【続きを読む】
 看護サークルTMNは、『第24回霞祭』で「ヨリアイ農場」さんのサポートのもと新鮮野菜を販売します。今回販売する野菜の一部は、看護サークルのメンバー自らが収穫しています。
2017年11月
 【続きを読む】
 公衆衛生看護活動Ⅲでは、地域診断演習で抽出した健康課題をもとに健康教育を行いました。
 今年の健康教育では、味噌汁の試飲から.....
2017年8月
 【続きを読む】
 看護学科で就職説明会を開催しました。
 実習病院をはじめとした病院施設に参加いただき、多くの学生が参加しました。
2017年6月
 【続きを読む】
 保健師選択コースの講義・演習は3年生前期より始まります。
 公衆衛生看護活動論Ⅰでは、大学のある土浦市の健康課題についてグループで学習をします。統計データや行政のHPなどの情報に加え、実際に地域に出向き「暮らしと健康」について学びます。
2017年6月
 【続きを読む】
 5/20(土)~21(日)につくば市で開催されました、がん患者支援チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017茨城」に看護サークル、福祉活動サークルのメンバー及び教員が参加しました。
2017年5月
 【続きを読む】
 看護学科の「新入生歓迎会」が前期授業を前に行われました。
 「新入生歓迎会」は、新3年生と教員との協働により開催されています。在校生からは、大学生活や科目履修についてのアドバイスがありました。
2017年4月
 【続きを読む】

看護学科トピックス(2016年度)

 第23回霞祭において看護学科教員と看護サークル学生によるコラボレーション企画として「介護カフェ」を開催いたしました。 本企画は、在宅介護についての基礎的な知識や在宅介護の現状について考え、一人ひとりが家族の介護を担う立場になっても、あわてずに介護に向き合えるための情報交換の場としました。
2017年2月
 【続きを読む】
 第106回看護師国家試験第103回保健師国家試を目前に控え、看護学科で「壮行式」を行いました。
 学部長、学科長のあいさつ、教職員からの激励メッセージなどがあり、4年間取り組みを皆で分かち合いました。
2017年2月
 【続きを読む】
 看護サークルでは、11月に開催されました霞祭においてバザーを行いました。
 その売上、16,260円を「リレー・フォー・ライフ・ジャパン茨城」に寄付させていただきました。
2017年1月
 【続きを読む】
 この活動は、北関東の高齢化率40%の農村過疎地域において、65歳以上の高齢者を自宅で介護したことのある家族を対象に、「介護サービスの満足感」をテーマにアンケート調査を行い、分析を行ったものです。
2016年12月
 【続きを読む】
 2年生が採血の演習を行いました。
 モデル人形での演習後、教員指導のもと練習を重ねてきました。そのようなプロセスを経て、学生間での採血演習では、互いに緊張感を持って真剣に取り組んでいました。
2016年11月
 【続きを読む】
 看護学科教員主催の「介護カフェ」を開催します。  当日は、訪問看護ステーション看護師、介護者家族、本学教員を交え、在宅介護に関する情報提供と座談会を行います。
 演習でお世話になっています、ヨリアイ農場(JA土浦)の皆さんが、新鮮で安心でさらにおいしい米・野菜を販売します。【終了しました】
2016年11月
 【続きを読む】
 看護学科で、国家試験対策のための補講を行いました。
 各領域の専門の先生から、国家試験の出題傾向を踏まえて対策のポイントを集中的に学びました。
2016年10月
 【続きを読む】
 看護学科の学生3名と関先生、杉野先生が世界アルツハイマーデーに「認知症の人と家族の会」関係者や社会福祉協議会、茨城県保健福祉部長寿福祉課、製薬会社の社員らと共に、街頭でリーフレット配布のボランティア活動をしてきました。
2016年10月
 【続きを読む】
 看護学科4年生が、8月29日?9月8日まで総合実習を行いました。
 この実習は、看護基礎教育の総仕上げで、今まで学内や領域別の実習で積み上げてきた知識・技術・態度を統合するものです。
2016年10月
 【続きを読む】
 保健師選択コースの学生が、県内の保健所、市町村保健センターで7月から4週間の実習を行いました。実習施設の保健師の指導のもと、保健事業や家庭訪問を実施しました。
2016年9月
 【続きを読む】
 公衆衛生看護活動論Ⅰで抽出した健康課題をもとに、地域住民を想定した健康教育を行いました。健康教育は、指導案の作成から始まり、セリフや媒体(図表やパンフレットなど)を作成し、実際に発表をします。
2016年9月
 【続きを読む】
 看護学科の大槻先生、野原先生の2名が韓国で行われた「第3回韓日地域看護学会」に参加しました。
2016年8月
 【続きを読む】
 看護学科学生向けの就職説明会を6/11に開催しました。実習病院他27病院施設に参加いただき、多くの学生が参加しました。
2016年6月
 【続きを読む】
 保健師コースの専門科目は、3年生から始まります。その一つに「公衆衛生看護活動論Ⅰ」があります。この科目では、大学のある土浦市の健康課題について学んでいます。
2016年6月
 【続きを読む】
 脳性麻痺で重度の障害をもつ高橋さんが、学生のアロママッサージを受け、満面の笑みで応えてくださいました。
 学生の三橋さんは「学生同士で行っている演習とは感覚が違いました。高橋さんは不随意運動.....
2016年6月
 【続きを読む】
 看護学科1年生・第1回目の技術試験が行われました。
 4月に1年生が入学して2カ月が経ち、早くも第1回目の技術試験が行われました。今回の技術試験は「体温・脈拍・呼吸測定」と「臥床患者のシーツ交換」という項目です。
2016年6月
 【続きを読む】
 『がん患者支援チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ 2016 in 茨城」』での看護サークル、福祉活動サークルの活動が常陽新聞に掲載されました。
 本学のブースで行ったアロママッサージの様子が掲載されています。
2016年5月
 【続きを読む】
 5月中旬につくばで開催されました、『がん患者支援チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ 2016 in 茨城」』に看護サークル、福祉活動サークルのメンバー及び教員が参加しました。
 2010年から参加している本学は、今年で7回目の参加となります。
2016年5月
 【続きを読む】
 老年看護学では、’癒しのケア’をテーマにアロマテラピーマッサージを取り入れています。
 エッセンシャルオイル(精油)の香りや.....
2016年5月
 【続きを読む】
 入学して一ヶ月が経ちました。
 看護学科では、一人の学生に一人の教員がアドバイザーとしてついており、主に学業、生活、健康面での相談に応じています。(少人数制)。
 4月のオリエンテーションの後には、.....
2016年5月
 【続きを読む】
つくば国際大学 上に戻る