資料請求
つくば国際大学

つくば国際大学 臨床検査学科

“臨床検査技師”国家試験受験資格

正確な検査データを提供し病気の早期発見・予防に貢献
 臨床検査技師は、患者さんの訴えに応じて、医師が指示した検査を行い、そのデータを提供する仕事です。 その後の診断や治療の出発点になると同時に、病気の早期発見・予防に貢献し、診療においても、大事な工程に関わることになります。
 検査には、身体に種々の機器を装着して情報を得る「生理機能検査」と、血液や骨髄、尿などを使って病状を把握する「検体検査」の2種類があり、これらの検査結果が、医師の診断を大きく左右します。
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格

【CASE1】病院勤務 『医師の依頼に応え・・・』
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格
血液や尿の検査を行い、検査結果を検証して、チーム医療に参加します。
【CASE2】健診センター勤務 『健康な方に・・・』
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格
エコーや心電図検査を行い、潜んでいる病気を早期発見して早期治療・予防に役立てます。
【CASE3】治験メーカー勤務 『製薬メーカーの発注で・・・』
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格
新薬の効果を臨床試験し、市場へと送り出す手助けをします。

社会に必要とされる仕事です

 医療技術が日々進歩するなか、重要なデータを提供する臨床検査技師の業務は重要性を高めています。また、健康な人が予防のために健診を受ける傾向が強まっています。
 一方で、簡単な検査は機械化される傾向があり、臨床検査技師には一層高い専門性が求められます。たとえば、超音波検査士や細胞検査士、骨髄検査技師など多種ある学会認定関連資格を取得することで、新たな強みをもつことが可能です。

“第2種ME技術実力検定試験” 
※在学中に取得可能です

ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質
「ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質」を検定し、与えられる資格です。

合格者の声

第2種ME技術実力検定試験に合格 !
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格

 国家試験を視野に入れ、出題分野の重なる第2種ME実力検定試験を受験することにしました。しかし、受験を決めた時期が遅く、試験本番まで半年も残されていませんでした。短期間で結果を出すことができたのは、大学が実施する補講のおかげです。先生たちが重要なポイントを教えてくれ、分かりやすく過去問を解説してくれました。国家試験に向けて自信が生まれたことは、大きな成果だと思います。

臨床検査学科 飯居 瑞貴
北海道弟子屈高等学校出身

他にもこんな資格が目指せます

遺伝子分析科学認定士【初級】(日本臨床検査同学院認定資格)
指定科目を履修したうえで、日本臨床検査同学院の実施する試験に合格することで取得できます。
医療情報基礎知識検定試験(日本医療情報学会)
保健医療分野で業務に従事し医療情報を扱う人が、共通に持っておくべき基礎的な知識を検定する試験です。
医療情報技師(日本医療情報学科認定資格)
保健医療福祉専門職の一員として、医療の特質をふまえ、最適な情報処理技術にもとづき、医療情報を安全かつ有効に活用・提供することができる知識・技術および資質を検定し、与えられる資格です。
危険物取扱者試験(国家資格)
消防法が定める危険物を取り扱う場合等に必要な国家資格です。大学等において化学系科目15単位以上修得している場合、危険物全種を扱える甲種試験を受験することができます。
毒物劇物取扱者試験
毒物及び劇物取締法のもと、毒物や劇物の製造・販売などに携わる際に必要となる資格です。この試験では、臨床検査技師が業務で使用する試薬に関する知識が問われます。

卒業後に臨床検査技師が取得できる資格

※既定の実務経験が必要となります
  • 超音波検査士
  • 認定輸血検査技師
  • 日本糖尿病療養指導士
  • 胚培養士
  • 細胞検査士
  • 国際細胞検査士
  • 消化器内視鏡技師
  • NST専門療法士
  • 認定臨床化学者
  • 骨髄検査技師
つくば国際大学 上に戻る
つくば国際大学