つくば国際大学
つくば国際大学 医療技術学科

“臨床工学技士”国家試験受験資格

現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリスト

 臨床工学技士は、病院などで医師の指導のもとに人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置、除細動器などの医療機器の操作を担う専門の医療職です。

 また、これらの医療機器をいつでも安全に使用できるように保守と点検も欠かせません。

 これらの医療機器は、生命維持管理装置とも呼ばれ、患者さんの生命を直接左右するものなので、臨床工学技士は、医療チームの一員として極めて重要な役割を担っているといえるでしょう。

つくば国際大学 医療技術学科で取得可能な資格

【CASE1】病院勤務 『腎機能が低下した方に・・・』
つくば国際大学 医療技術学科で取得可能な資格

人工透析装置を操作し、体内にたまった老廃物を除去します。

【CASE2】機器管理センター勤務 『医療機器がいつでも安全に使用できるように・・・』
つくば国際大学 医療技術学科で取得可能な資格

施設内で使用されている機器の保守・点検管理を行います。

【CASE3】医療機器メーカー勤務 『学会の展示ブースで・・・』
つくば国際大学 医療技術学科で取得可能な資格

国内外の学会で、来場者に対して、新しい医療機器の製品説明を行います。


社会に必要とされる仕事です

 臨床工学技士は、医療系専門職のなかでは比較的歴史が浅いこともあり、認知度はそう高くはありません。しかし、高度医療技術に伴う医療機器の進歩、特に生命維持管理装置の進歩と多様化によって、現在では多くの病院で、臨床工学技士を採用することが増えています。歴史が浅い分、可能性は無限に広がり、将来的にもニーズは伸びていくでしょう。

“第2種ME技術実力検定試験” 
※在学中に取得可能です

ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質

 「ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質」を検定し、与えられる資格です。

他にもこんな資格が目指せます

第1種ME技術者(日本生体医工学会認定資格)

第2種ME技術者における「適切な指導者」に相当する知識をもつ合格者。この合格者が医療機関で一定の業務経験が認められると「臨床ME専門認定士」の称号が与えられます。

医療情報技師(日本医療情報学会認定資格)

「医療の特質をふまえ、最適な情報処理技術にもとづき、医療情報を安全かつ有効に活用・提供することができる知識・技術および資質」を検定し、与えられる資格です。

卒業後に臨床工学技士が取得できる資格

※既定の実務経験が必要となります

  • 透析技術認定士
  • 体外循環技術認定士
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 臨床ME専門認定士
  • 臨床高気圧酸素治療技師
  • 日本アフェレシス学会認定技士
つくば国際大学 上に戻る