在学生からのメッセージ:診療放射線学科
 東日本大震災のとき、地元の福島で原子力発電所事故が起きて以来、放射線を扱う仕事に関心をもつようになりました。大変な事故を引き起こすこともある放射線。それを安全に管理し、医療現場に活かすことができる、診療放射線技師の知識と技術に感銘を受けました。
 つくば国際大学へ入学を決めたポイントは、「設備が整っているから、実践的な技術が身につく」という先輩の評判。最初は専門用語や機械の扱いに戸惑いましたが、先生方のきめ細やかなサポートのおかげで不安を乗り越えることができました。授業で動画を用いるなど、楽しみながら勉強を続けられるよう、工夫してくれることもありがたいです。
 まずは国家試験合格を目標として日々の勉強を大切にし、将来は医療人として安心感のある仕事をしたいと考えています。
大橋 恵太
診療放射線学科 2年
福島県立福島西高等学校 出身

在学生からのメッセージ:診療放射線学科
 ケガやアレルギーに悩まされた幼少期。将来は医療系に進み、同じ苦しみを抱える人を助けたいと思うようになりました。診療放射線技師を選んだのは、パソコンをはじめ機械の扱いに興味があったからです。
 つくば国際大学は、好奇心を満たしてくれる学びに満ちています。例えば「解剖学」の授業では、普段は見えない人体の仕組みについて知識を吸収していく面白さがあります。学生のうちに取得したいと考えているのは、放射線取扱主任者。資格取得のための補講も実施してくれているため、不安なく勉強を進めることができています。
 診療放射線技師として働くほか、医療器機の開発にも興味があり、将来は患者さんに負担をかけない検査機械を作ってみたいです。
鈴木 詩織
診療放射線学科 2年
茨城県立佐竹高等学校 出身