在学生からのメッセージ:理学療法学科
 同じ部活動の友人が足を痛めたとき、力になりたいと思ったことが、理学療法士を目指すきっかけでした。専門の知識と技術を身につけ、スポーツ選手を助けてあげたいという思いが生まれました。
 印象的な授業は「発達障害理学療法学」。それまでスポーツ分野に強い興味をもっていましたが、理学療法が障害を抱えた赤ちゃんの治療にも役立つと知り、大きく視野が広がりました。
 また、つくば国際大学では課外活動も充実しています。臨床実習では、実際に病院で働く理学療法士の方と交流する機会があり、現場ならではの知識を吸収することができました。つくば国際大学に用意された多くのチャンスを大切にし、患者さんをはじめ周囲を笑顔にできるような理学療法士を目指しています。
本多 恵理
理学療法学科 3年
茨城県立日立北高等学校 出身

在学生からのメッセージ:理学療法学科
 高校時代は野球部に所属しており、よくケガをしては診療所に通っていました。リハビリでお世話になった先生が話し上手で人望も厚く、自然と理学療法士に憧れるようになり、つくば国際大学への進学を決めました。
 1・2年次に受講する「生理学」や「運動学」は、人体の仕組みを知るうえで重要な授業です。着実に専門知識を身につけ、無理なく臨床的な学びへとステップアップしていけました。先生は気さくで親しみやすいだけでなく、時には厳しく教えてくれ、真剣に勉強を応援しようという気持ちが伝わりました。
 目標は理学療法士としてスポーツ分野に携わること。高校時代に憧れた理学療法士のように、身体だけでなく心のケアもできる、頼もしい存在になりたいと考えています。
尾形 燿介
理学療法学科 4年
長野県上田東高等学校 出身