在学生からのメッセージ:理学療法学科
 もともとは、理学療法士をしている親戚がいて職業として興味を持ったことがきっかけでした。 高校3年に進級した際、実家からあまり遠くない範囲で大学を探していたところ、つくば国際大学を見つけ、いい先生方が多いというアドバイスもあって入学を決めました。
 1年のときの基礎の勉強は知らないことばかりで苦労の連続、2年になってからの実践の授業では、覚えなければならないことが一気に多くなり、大変でした。 でも、3年になって振り返ってみれば、どれも大切で必要な勉強だと実感すると同時に、「早く社会に出て働きたい!」という思いも強くなっています。
 将来は、技術や知識はもちろん、患者さんの心までもケアできるスペシャリストになりたいと思っています。
湯田 静奈
理学療法学科 3年
福島県立湯本高等学校 出身

在学生からのメッセージ:理学療法学科
 入学前に想像していたよりも、つくば国際大学で学ぶ日々は充実しています。当初、漠然と抱いていた理学療法士への憧れは、勉強に取り組むなかで強く明確な目標に変わってきました。身体の構造や機能は知れば知るほどに興味深く、さらに学びたいという意欲が増します。 また、心理的な面から患者さんをケアする方法を学び、「多面的に治療すること」への理解が深まりました。
 少人数制ということもあり、友人や先輩たちとの絆は強く、みんなで切磋琢磨しながら成長を実感することができます。将来の目標は、「心」「知識」「技術」という3つの軸をもち、それぞれの患者さんに合ったケアができる医療人になること。思い描く将来像を実現するために、これからも努力を続けていきます。
中島 玄人
理学療法学科 2年
福島県・尚志高等学校 出身