在学生からのメッセージ:保健栄養学科
 喘息を発症し入院生活をしていたとき、管理栄養士が持ってきてくれる食事が楽しみのひとつでした。その管理栄養士への憧れから、私も食事を通して人に楽しみを与えたいと思い、この道を選びました。
 つくば国際大学は高校の先生から勧められて知りました。どんな先生が教鞭をとっているかが重要だと教えられ、研究論文などにも目を通した結果、「この先生方のもとで勉強したい!」と強く思い進学を決めました。授業では、実践経験豊富な先生の講義を聞くことができます。また、先生からの紹介で学会にスタッフとして参加するなど、なかなか経験できない貴重な機会をいただくこともできました。
 この先も有意義に時間を過ごし、資格を取得して目標を実現できるよう努力していきます。
大村 仁美
保健栄養学科 3年
岩手県立軽米高等学校 出身

在学生からのメッセージ:保健栄養学科
 中学生のときに茨城県の料理コンテストに参加。練習した成果もあって2位に入賞しました。それが、調理師や栄養士という将来像を描きはじめたきっかけです。また、入院中の祖母が流動食を食べる姿を見て、栄養のバランスを考えて料理をつくることの大切さを感じました。
 つくば国際大学は実習に力を入れているので、どの授業も専門的でアクティブです。とくに興味深かったのは、「生化学」の授業。食べたものが、どのような消化のプロセスを経て、吸収されているかを理解するもので、人の身体があらためてよくできていることに感動しました。難しい内容の授業もありますが、同じ目標を持っている学科の友人たちと協力しながら、試験や課題を乗り切っています。
藤咲 光平
保健栄養学科 3年
茨城県立佐和高等学校 出身

 NR・サプリメントアドバイザーは、一般社団法人日本臨床栄養協会が認定する資格です。
 サプリメントや保健機能食品などの健康食品について、消費者に対し専門的観点からアドバイスを提供します。厚生労働省による「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成に関する基本的な考え方について」というガイドラインに添って実施され、身近で相談できる人材の育成を目的としています。
 本学ではこの資格取得をサポートしており、昨年は9名が合格。合格率は75%となり、全国平均55.8%を上回りました。
在学生からのメッセージ:保健栄養学科