在学生からのメッセージ:看護学科
 小学校の時、大きなケガをした際の看護師さんのやさしい印象、そして姉が看護師をめざしていたこと、この2つがきっかけで看護師をめざすようになりました。
 入学したばかりの頃は「志あればやっていけるだろう」と少し考えが甘かった気がします。勉強していくうちに、日々の積み重ねがどんなに重要かを知らされます。3年になった今は、先生や友人とともに丁寧に学び正しく頭に入れていくことを実践しています。2年の実習で言われた患者さんからの“ありがとう”の重み。うれしさを実感すると同時に、看護師という職業の責任のようなものを肌で感じました。でも、それが“やりがい”につながっていくということも、さまざまな勉強を通して体感している毎日です。
山田 晴香
看護学科 3年
北海道釧路湖陵高等学校 出身

在学生からのメッセージ:看護学科
 中学生の頃、膝の手術で入院したことがありました。その時、いつでも駆けつけてきて、不安を取り除いてくれた看護師の方が憧れの存在です。いつかあの人のようになりたいという思いを胸に、勉強に励んでいます。
 実習では、医療現場で患者さんとの触れ合いを通して、コミュニケーションの面白さと難しさを実感しています。見る、触れるなど、五感すべてを活用することが、実践看護では大切なのだと学びました。看護学科の男子は少人数ですが、先輩や後輩と学年を超えて気さくに交流ができます。
 また、「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」というがん患者支援のチャリティーイベントに参加する機会もあり、幅広い経験を積むことができます。将来は救急看護師として、患者さんにとって頼れる存在になることが目標です。
吉田 直央
看護学科 2年
埼玉県・埼玉栄高等学校 出身