在学生からのメッセージ:臨床検査学科
 最初に臨床検査技師に興味をもったのは、医療を扱ったテレビドラマの影響です。チーム医療の一員としてさまざまな臨床検査にあたる、「縁の下の力持ち」の役割に憧れを感じました。
 進路を決める際には、高校の先生から「これからの医療はチーム医療が重要になる」と教えてもらい、さまざまな学科が揃うつくば国際大学に出願しようと決めました。学科の枠を越えて多くの友人を作り、それぞれの専門分野の知識や考え方を吸収したいと思います。そのために、臨床検査技師としての技術を磨きつつ、コミュニケーション能力も高めていきたいです。
 生まれ育った茨城の医療に貢献することが、将来の目標。大好きな地元で活躍できるようしっかりと学んでいきます。
中村 祐之介
臨床検査学科 1年
茨城県立太田第一高等学校 出身

在学生からのメッセージ:臨床検査学科
 中学生の頃、学校の血液検査で貧血と診断されました。その出来事がきっかけで病気のことを調べるようになり、血液検査の仕事に関心をもつようになりました。貧血の辛さをよく知っているからこそ、自分も臨床検査技師となり、患者さんを助けてあげたいと思っています。
 つくば国際大学のオープンキャンパスでは、先輩たちが気さくに接してくれ、緊張が一気にほどけたことをよく覚えています。温かい雰囲気のこの学校でなら、安心して学んでいけそうだと考え入学を決めました。臨床検査技師を目指すきっかけになった「血液検査学」の授業には、しっかりと取り組みたいです。
 また、臨床検査技師の資格を取ることはもちろん、細胞検査士の資格取得も目指し、学んでいきたいと思います。
古桐 香奈美
臨床検査学科 1年
茨城県立取手第二高等学校 出身