在学生からのメッセージ:医療技術学科
 高校時代に親友のお母さんが病気になられたことをきっかけに、医療の道に進みたいという気持ちが芽生えました。もともと工学に興味があり、その両方を生かせる医療技術学科を選びました。
 大学に入って学ぶ医用工学は、想像していた以上に高度な内容。勉強についていくことは大変ですが、先生方が頻繁に声をかけてくれ、分からないことがあれば相談に乗ってくれます。学生同士の仲も良く、一つのチームのような連帯感があります。
 将来の目標は、透析療法に携わること。授業の一環で体験した病院見学を通して、人工透析を受けている患者さんを目の当たりにしたことが強く印象に残ったからです。精神的なケアや医療事故の防止など、あらゆる面で透析患者の方々を支えたいと思います。
永沼 美里
医療技術学科 2年
栃木県立宇都宮清陵高等学校 出身

在学生からのメッセージ:医療技術学科
 東日本大震災を経験したことで命を支える仕事に興味をもちました。生命維持管理装置などの操作を通して、直接治療に携わる機会がある臨床工学技士の仕事は、責任が大きいと同時にやりがいも大きいだろうと考え、この道をめざすようになりました。
 つくば国際大学に入って驚いたのは、授業が少人数で行われること。先生との距離が近く、気軽に質問できる環境です。ただ親しみやすいだけでなく、どの先生も実務経験が豊富で、現場の生きた知識を学ぶことができます。
 現在の目標は、第2種ME技術実力検定試験の合格。医療技術学科棟には快適な自習スペースがあり、勉強に活用しています。確かな知識と技術を身につけ、どんな緊急の現場でも、冷静に患者さんを救うことができるようになりたいと思います。
丸山 直輝
医療技術学科 2年
千葉県立鎌ヶ谷西高等学校 出身