在学生からのメッセージ:保健栄養学科
 昔、サッカーをしていた時に、管理栄養士さんに栄養バランスの指導をしてもらったことがありました。そこから少しずつ興味が芽生え、大学選びを機に思い切って挑戦することに決めました。最初は、「生化学」や「栄養学」などを通してしっかり土台を固めます。「なぜ運動後のオレンジジュースが体に良いのか」といったような、一つひとつの「なぜ」を追究していく体験は新鮮でした。
 サークル活動を通じて他学科の友人も増え、ちょっとした雑談のなかで他職種の考えを知ることができるのは、将来、チーム医療の一員として働く際に役立つのではないかと考えています。いずれは栄養指導のプロに成長し、栄養バランスへの配慮はもちろんのこと、味や見た目でも楽しめる病院食を提案したいです。
成塚 嶺
保健栄養学科 3年
茨城県立藤代紫水高等学校 出身

在学生からのメッセージ:保健栄養学科
 おばあちゃんがなりたかった職業。それが管理栄養士です。その仕事の魅力を聞き、自然と憧れを抱くようになりました。つくば国際大学を選んだのは、4年間という最短で資格取得をめざせるからです。他校に比べ調理実習が多く、実践のなかで専門的知識をどんどん吸収できます。
 大量給食実習では、食べた人から厳しい意見をもらったこともありますが、原因を分析し、改善方法を考える過程で成長することができました。また、地元農家の方に提供してもらった食材を調理する授業は、茨城という土地を学ぶことにつながりました。この体験は将来の地域貢献に役立つと思います。
 食を通して患者さんを笑顔にできる管理栄養士になるために、4年間の学びを真剣に楽しみたいと考えています。
西村 彩
保健栄養学科 3年
茨城県立石岡第二高等学校 出身
在学生からのメッセージ:保健栄養学科
 栄養士実力認定試験は、国家試験に向けて自分の実力や弱点を把握する、よい機会になりました。つくば国際大学のカリキュラムは試験内容につながっており、また対策講座も開講されています。しっかり計画を立て、メリハリをつけたことが結果につながったのだと思います。この自信をバネに、いずれは地域包括ケアの分野で活躍したいと考えています。
渡部 幸矢
保健栄養学科 4年
茨城県・第一学院高等学校 出身