診療放射線学科の志田先生が、第12回茨城放射線腫瘍研究会で優秀演題賞を
受賞しました




 茨城県内の放射線治療の発展を目的に放射線治療に従事する関係者で構成される茨城放射線腫瘍研究会の第12回大会が、日立製作所ひたちなか総合病院(ひたちなか市)で開催されました。

 本研究会は,放射線治療に携わる医師看護師診療放射線技師医学物理士ならびに研究者が日頃の診療や研究で見いだされた知見を関係者に共有、放射線治療という軸をベースに異なる視点から発表される会で、今回で12回を数えます。

 今大会のテーマは「放射線治療-未来への一歩-」で、本学診療放射線学科の(診療放射線学科・講師)が、診療放射線技師および医学物理士の立場から「気になりませんか?シェルと固定具と線量・・・~ビルドアップ領域でのRTPSモデリング精度~」というタイトルで発表し、見事、優秀演題賞を受賞しました。
診療放射線学科の志田先生が、第12回茨城放射線腫瘍研究会で優秀演題賞を受賞しました
 | 
2016年10月
つくば国際大学 tiu-style 「tiu style」では、
のキャンパスライフをみなさんにお届けします。

 カテゴリー


 メニュー
つくば国際大学