看護学科で「国家試験壮行式」を行いました(平成28年度)




 第106回看護師国家試験第103回保健師国家試験を目前に控え、看護学科で「壮行式」を行いました。学部長、学科長のあいさつ、教職員からの激励メッセージなどがあり、4年間取り組みを皆で分かち合いました。

 最後に国家試験対策委員長が一人ひとり握手し、看護学科の伝統となりました「黄金の鉛筆」を手渡しました。
 「黄金の鉛筆」は、前年の卒業生が次の代の学生に国家試験合格祈願として贈るもので、つくば国際大学看護学科の精神が受け継がれています。

 学生、教職員一丸となって合格を目指します。

 | 
2017年1月
つくば国際大学 tiu-style 「tiu style」では、
のキャンパスライフをみなさんにお届けします。

 カテゴリー


 メニュー
つくば国際大学