平成28年に受理または掲載された主な英文論文をご紹介します(理学療法学科)




 (理学療法学科・准教授)らの論文が2016年5月 国際科学専門誌『The Knee』に掲載されました。
掲載誌名: The Knee
タイトル: Relationships between the center of pressure and the movements of the ankle and knee joints during the stance phase in patients with severe medial knee osteoarthritis.
Fukaya T, Mutsuzaki H, Okubo T, Mori K, Wadano Y, The Knee, 2016, 23, 621-636.
重度内側型変形性膝関節症患者の歩行立脚期における足、膝関節の運動とCOPの関係
 (理学療法学科・助教)らの論文が2016年2月 国際科学専門誌 『Human Movement Science』 に掲載されました。
掲載誌名: Human Movement Science
タイトル: Age effects on the control of dynamic balance during step adjustments under temporal constraints,
Nakano W, Fukaya T, Kobayashi S, Ohashi Y, Human Movement Science, 2016;47:29-37.
(時間制約下の歩幅調整課題での動的バランス制御における年齢の影響)
 (理学療法学科・助教)らの論文が2016年11月 国際科学専門誌 『Brain Research』 に受理されました。
掲載誌名: Brain Research
タイトル: Expression of secreted phosphoprotein 1 (osteopontin) in human sensorimotor cortex and spinal cord: Changes in patients with amyotrophic lateral sclerosis,
Yamamoto T, Murayama S, Takao M, Isa T, Higo N, Brain Research, 2016, in press.
ヒト体性感覚野および脊髄におけるSPP1発現 -筋委縮性側索硬化症【ALS】患者での変化-
 | 
2016年12月
つくば国際大学 tiu-style 「tiu style」では、
のキャンパスライフをみなさんにお届けします。

 カテゴリー


 メニュー
つくば国際大学