つくば国際大学 学生レポート ~障害者防災マニュアルができるまで~

1月13日 ~ 2月3日 マニュアルの完成に向けて最後の調整



◆◆5月・6月の活動◆◆
つくば国際大学「障害者防災マニュアル」
【マニュアル作成スタート】

 いよいよ「障害者防災マニュアル」の作成が始まります。まずは、先生方の研究チームが発足し、初めての3者合同会議が行われました。
また、マニュアル作成メンバーへの参加を呼びかけるポスターを作成し、学生を募ります。

◆◆7月・8月の活動◆◆
つくば国際大学「障害者防災マニュアル」
【テスト勉強&
マニュアル分析作業】

 いよいよメンバー募集も始まり、何人集まるかドキドキでしたが、同じ意思を持つ学生たちが多く名乗りを上げてくれました。これで具合的な作業が始められます!
 まずは、全国で作成されている障害者防災マニュアルの情報を集め、内容やボリューム、デザイン等をチェックし、私たちなりに分析します。
 また、7月は大学のテストがありましたので、私たちは「テストに集中しよう!」と約束し、具体的には8月から開始しようと決めました。

◆◆9月・10月の活動◆◆
つくば国際大学「障害者防災マニュアル」
【聞き取り調査の開始】

 聞き取り調査は、先生と私たち学生との集団面接の形をとり、7日間行いました。
 たくさんの方の意見を聞くことができ、マニュアル作成に向けて、とても充実した内容でした。障害の種別に分かれた聞き取りでしたが、結果的に種別よって私たちの知識の差が浮き彫りとなる事が分かりました。
 とても良い経験になった反面、作成の難しさを感じた調査になりました。

◆◆11月・12月の活動◆◆
つくば国際大学「障害者防災マニュアル」
【マニュアルに対する意見
 募集&表紙の完成!】

 聞き取り調査で得た内容や、作成メンバーでの検討を行い、素案が完成しました。
 次は、その素案に対する意見を、つくば国際大学の学生から広く意見を求めます。結果、多くの在学生から意見をいただくことができ、素案には多くの書き込みで一杯です。
 そして、重要な要素である表紙ですが、秀逸なアイデアが生まれました!

◆◆ 1月・2月の活動◆◆
つくば国際大学「障害者防災マニュアル」
【マニュアル完成に向けて・・・】

 マニュアル素案の改訂作業も順調に進み、完成へのゴールが見えてきました。
 たくさんの意見をまとめるのはとても苦労しましたが、そのおかげで納得のできるマニュアルができるのだと、メンバー全員が感じています。

◆◆ 3月・4月の活動◆◆
つくば国際大学「障害者防災マニュアル」
【マニュアル完成!!
&常陽リビングで
マニュアルが紹介される!】

 「障害者防災マニュアル」が無事に完成!!
 そして、市内の障害者手帳をお持ちの方に発想されました。私たちが作成したマニュアルが、みなさんのお役に立てるのであれば、とても嬉しいです!
 マニュアル作成メンバーとしての活動は約1年間でしたが、大学生活の中で、思い出深いものとなりました。
 しかし、これで終わりではありません!今後の希望や具体的なビジョンもメンバーの中で生まれてきているようです。
 先生方は微修正に入るとともに、市役所障害福祉課では印刷業者の選定やSPコードの添付作業を行っているそうです。






つくば国際大学障害者防災マニュアル
障害者防災マニュアル作成メンバー

 作成メンバー紹介

「障害者防災マニュアル作成メンバー」とは・・・
授業だけでは飽き足らない学生(2年生から4年生)が、先生の呼びかけに賛同し、集まったメンバーです。

 月別メニュー

 防災マニュアル

つくば国際大学障害者防災マニュアル

 活動風景