かがやけ第2共同作業所の一泊旅行に福祉活動サークルの学生が参加しました(2017年度)

 東京都葛飾区にある「かがやけ第2共同作業所」の一泊旅行に福祉活動サークルの学生8名(保健栄養学科5名、看護学科3名)と顧問がボランティアとして参加しました。
 知的・精神に障害のある方に付き添い、今年は長野県諏訪湖に行って万華鏡作りの手伝いをしたり、遊覧船を楽しんだり、サクランボ狩りなどをして楽しい2日間を過ごしました。  
  • かがやけ第2共同作業所の一泊旅行に福祉活動サークルの学生が参加しました(2017年度) かがやけ第2共同作業所の一泊旅行に福祉活動サークルの学生が参加しました(2017年度) かがやけ第2共同作業所の一泊旅行に福祉活動サークルの学生が参加しました(2017年度) かがやけ第2共同作業所の一泊旅行に福祉活動サークルの学生が参加しました(2017年度)

学生のコメント(感想)

 初めての体験だったため最初は大変でとても疲れましたが、今振り返ると学ぶ事が多く、良い経験が出来たなと思います。訪問先はどこも楽しかったですが、もう少し時間があるとゆっくり観れると思いました。
 2日間楽しい時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございました。
 ボランティアが初めての私でも、利用者さんの補助のしやすい場所ばかりでした。多くの不安がありましたが、皆様のおかけでとても価値のある体験となりました。本当に有り難うございました。
 訪問先が良く、遊覧船はとても楽しかったです!カラオケになると、みんなテンション上がって、帰りも盛り上がりました!
 諏訪湖の遊覧船は景色が綺麗で、風も気持ち良かったです。山梨名物のほうとうがとても美味しかったです。
 最初はどう接したら良いのか、どこまで援助したら良いのか分かりませんでしたが、職員の方がなかま(利用者)たちとどう関わっているのか、どのようにしてコミュニケーションを取っているのかが観察でき、とても勉強になりました。
 訪問先は人が多過ぎず、自然に触れることができて良い場所だったと思います。
 職員の方は、利用者さんのことを、まるで「職場の同期(仲間)」のように接しており、とても良いと思いました。障害を持った方と関わる機会があまり無いので、今後自分が看護を学んで行くうえで良い経験になりました。
 万華鏡作り体験やサクランボ狩りなど、実際に自分で行うことを取り入れており、利用者の方々が楽しめるような場所になっていたと思います。
 今回初めてのボランティアで、不安と緊張がありましたが、利用者の方々がとても明るく、たくさん話しかけてくださる方ばかりで、一緒に楽しむことができました。
 また、職員の方の行動や対応を見て学ぶこともでき、とても良い経験になりました
 様々な体験が出来るところで良かったと思います。バス内では実行委員のみなさんで考えたクイズをしたり、カラオケをしたり、全員で盛り上がることができるレクリエーションだったので良かったです。
 担当した利用者さんだけでなく、多くの利用者さんと旅行を楽しめたのでとても良かったです。最後に挨拶できなかった利用者さんもいたのでそれが残念でした。
 宿泊先のご飯が美味しかったです。レクリエーションの「一人ひとりの自己紹介クイズ」では、皆さんのことを知ることができ、とても良かったです。
 職員の方に「利用者に対してどのように接したらよいですか?」と、いくつかの場面で質問をさせていただいたのですが、すぐに答えていただき、分かりやすく、利用者の方々それぞれの性格を踏まえて答えていただいたので、とてもスムーズに対応出来ました。楽しかったです!
 | 
2017年7月
つくば国際大学 tiu-style 「tiu style」では、
のキャンパスライフをみなさんにお届けします。

 カテゴリー


 メニュー
つくば国際大学