「第49回日本臨床検査自動化学会」で臨床検査学科の学生が卒業研究の成果を発表しました

 パシフィコ横浜で行われた「第49回日本臨床検査自動化学会」で臨床検査学科4年生の小須田さんが卒業研究の成果を発表しました。
 演題名は「ハイスピードカメラを用いた 尿蛋白試験紙レートアッセイの試み」です。
 緊張をしながらも無事に発表を終え、質疑にも自ら対応しました。
演題名 ハイスピードカメラを用いた 尿蛋白試験紙レートアッセイの試み
発表者 小須田 将平(つくば国際大学 医療保健学部 臨床検査学科)
「第49回日本臨床検査自動化学会」で臨床検査学科の学生が卒業研究の成果を発表しました
 | 
2017年12月
 | 
2017年12月
つくば国際大学 tiu-style 「Tiu Style」では、
のキャンパスライフをみなさんにお届けします。

 カテゴリー


 メニュー
つくば国際大学