平成28年度「第38回第2種ME技術実力検定試験」に臨床検査学科3年生
の山田さんが合格!!




平成28年度「第38回第2種ME技術実力検定試験」に臨床検査学科3年生の山田さんが合格!!
 日本生体医工学会による民間資格「第2種ME技術実力検定試験」に臨床検査学科3年生の山田さんが合格しました!

 「第2種ME技術実力検定試験」は「ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質」を検定するものであり、臨床検査技師を目指すうえで取得したい資格のひとつです。

 全国平均の合格率は「29.0%」と非常に難しく、前回の「34.5%」を上回る難易度でした。

 本学臨床検査学科では、「臨床検査技師国家試験」をはじめ「第2種ME技術実力検定試験」、「遺伝子分析科学認定士【初級】」などの資格取得を目指し、将来は高度な知識と技術を備えた細胞診断のスペシャリストを養成しています。
◆全国平均合格率
第2種
ME技術実力検定試験
合格率:29.0%
(全国平均)
 日本生体医工学会による民間資格「第2種ME技術実力検定試験」に臨床検査学科2年生の谷津さんが合格しました!
 「第2種ME技術実力検定試験」は「ME機器・システムの安全管理を.....
 この試験は「ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質」を検定するものです。
 合格者は日本生体医工学会より合格証明証が交付され、「第2種ME技術者」の呼称が使用できます。また、第1種ME技術実力検定試験の受験資格が得られます。
※一般社団法人日本生体医工学会ME技術教育委員会より引用
平成28年度「第38回第2種ME技術実力検定試験」に臨床検査学科3年生の山田さんが合格!!
 昨年度は、自分の努力が足りず、残念な結果に終わってしまったため、今年こそは!と、一念発起して、第2種ME技術実力検定試験に挑戦しました。
 出題範囲は広いですが、過去問を解き、分からない単語や疑問に思ったことをテキストで確認する。これを何度も繰り返して、少しずつ勉強していきました。
 試験後の自己採点の結果から、合格できるか不安でしたが、無事合格できてうれしいです。今回の結果から、改めて、地道に努力することの大切さが実感できました。
 今後は更なる向上心を持って資格試験への挑戦、臨床検査技師国家試験への合格に向けて頑張っていきたいと思います。
臨床検査学科3年 山田 克也
佐原高等学校 出身
 | 
2017年1月
つくば国際大学 tiu-style 「tiu style」では、
のキャンパスライフをみなさんにお届けします。

 カテゴリー


 メニュー
つくば国際大学