敬老の日慰問プログラムにマジックサークル・ボランティアサークルが参加しました


 茨城県放射線技師会が毎年行っている「敬老の日慰問プログラム」の企画に、本学のマジックサークル・ボランティアサークル(診療放射線学科の2年生4名)が参加しました。
 始めに技師会役員による入所者の骨塩定量測定を行ない、続いて式典が行われました。
 茨城県放射線技師会長や市議会議員の挨拶の後に余興が行われ、フルート演奏や弾き語り、ヨガやマジックが披露されました。
 中でも今回参加した本学の学生によるマジックはとても好評でした。
 最後は盛大にお祭りの歌で盛り上がり、神輿を担いで会場を回り、参加された入所者の皆様からは笑顔が見られました。
 入所者や施設の職員から来年も是非お願いしたいと言われ、学生たちも喜んでいました。
 | 
2014年10月
つくば国際大学 tiu-style 「tiu style」では、
のキャンパスライフをみなさんにお届けします。

 カテゴリー


 メニュー
つくば国際大学