オープンキャンパスの流れ
学部・学科の説明
10:00頃
学部・学科の説明を、各学科の教員が詳しく説明いたします。
オープンキャンパスならではの詳しい情報もあります!お聞き逃しなく!
つくば国際大学オープンキャンパスの流れ つくば国際大学オープンキャンパスの流れ
体験授業
10:30頃
学科別にそれぞれ分かれて体験授業を行います。
実際の授業と同じ内容なので、1足早く大学生になった気分を味わえます。
つくば国際大学オープンキャンパスの流れ つくば国際大学オープンキャンパスの流れ
施設見学
11:30頃
つくば国際大学の施設を見学します。
各実習施設など、充実した設備を見学します。
案内役は教員や在学生スタッフで、詳しい解説と共にみなさんを案内します。
つくば国際大学オープンキャンパスの流れ つくば国際大学オープンキャンパスの流れ
個別相談
12:00頃
教員・学生と直接相談することができます。
疑問に思ってる事がありましたら、どんどん質問してください。
つくば国際大学オープンキャンパスの流れ つくば国際大学オープンキャンパスの流れ
学食ランチ体験
12:00頃
学食でしランチ体験です。
学食の人気メニューをどうぞ!
つくば国際大学オープンキャンパスの流れ つくば国際大学オープンキャンパスの流れ

オープンキャンパス2017 体験授業テーマ

※体験授業テーマは変更となる場合があります。
arrow 第1回 5/21(日)
歩いているときの力と関節の動きを見てみよう
本模擬授業では、理学療法士が臨床場面で行う「観察による歩行分析」を客観的に捉えるための動作解析装置を使って、歩いているときにどのように力が加わり、どのように関節が動くのかを伝えていきます。
arrow 第2回 6/18(日)
義足について学ぼう!
義足は、下肢切断者の脚となる重要なものです。この回では,義足についての知識を学ぶとともに、体験用義足を実際に装着して歩いてみることで義足への理解を深めていきます。
arrow 第3回 7/23(日)
ストレッチの理論と実技
ストレッチの方法の違いによる効果について、実技を交えて説明します。
arrow 第4回 8/5(土)
認知症予防のための運動※午前のみ実施
我が国において、65歳以上の高齢者における認知症の頻度は約15%といわれ、人口の高齢化によって、今後も認知症の方々は増加すると考えられています。近年、認知症予防のための運動が注目されています。一緒に身体を動かし、認知症予防のための運動を行ってみましょう。
arrow 第5回 8/6(日)
テーピングを巻いてみよう!※午前のみ実施
スポーツ現場ではテーピングを巻き、ケガの後のリハビリテーションやケガの予防に役立てています。テーピングを巻くために必要な知識を理解し、簡単に巻けるテーピングを行います。
arrow 第6回 8/27(日)
「理学療法・看護・保健栄養」共催 体験授業!※午前のみ実施
「脳卒中に対するチーム医療 ~みんなで1人のために~」
(1)脳卒中の種類(脳梗塞・脳出血)とその病態生理(理学療法学科)
(2)運動麻痺について(理学療法学科)
(3)脳卒中患者の在宅生活において利用できる制度やサービスについて(看護学科)
(4)脳卒中を予防するための食事(保健栄養学科)
arrow 第7回 9/24(日)
筋線維組成を知ろう!あなたは瞬発型?持久型?
この模擬授業では希望者の方の筋持久力を測定し、そのデータからその方の筋線維組成と遺伝的にどのような型の運動(瞬発型/持久型)が得意かを推定します。
arrow 第8回 11/26(日)
車いすに乗ってみよう!
福祉用具の車いすは、理学療法士にとって大切なツールのひとつです。実際に車いすに乗って患者さん目線になることで、普段何気ない小さな段差でも、車いすを利用する人には大きな障害になってしまうなど、体験して頂きます。
arrow 第1回 5/21(日)
体験しよう!ボディメカニクス
人間にとって活動することの意義について学習し、自力で動けない人の体の向きを変える援助に関し、ボディメカニクスを取り入れた方法を体験します。
arrow 第2回 6/18(日)
災害・緊急時にできるケア
地震などの災害時の怪我などに対するケアの方法について簡単な日常の物品を使って体験してみましょう。
arrow 第3回 7/23(日)
香りとタッチの不思議? 誰にでも人を癒す力がある!
医療や介護の現場で注目され始めたアロマテラピー。簡単なハンドマッサージを体験し、いやしの輪を広げましょう。
arrow 第4回 8/5(土)
みて・つないで・うごかす 保健師とは?※午前のみ実施
皆さんは保健師さんに会ったことありますか?保健師の仕事について事例を通して一緒に学びましょう
arrow 第5回 8/6(日)
語り合おう!
困ったとき、あなたはどうしていますか?
※午前のみ実施
皆さんはどのように心の健康を保ち、ストレス対処をしているでしょうか。お互いの体験を語り合い、学び合いませんか。
arrow 第6回 8/27(日)
「理学療法・看護・保健栄養」共催 体験授業!※午前のみ実施
「脳卒中に対するチーム医療 ~みんなで1人のために~」
(1)脳卒中の種類(脳梗塞・脳出血)とその病態生理(理学療法学科)
(2)運動麻痺について(理学療法学科)
(3)脳卒中患者の在宅生活において利用できる制度やサービスについて(看護学科)
(4)脳卒中を予防するための食事(保健栄養学科)
arrow 第7回 9/24(日)
あなたは、どんなふうに大きくなってきたかな?
小児の成長発達について自分自身の成長発達と照らして学びます。当日は、新生児人形を用いて身体計測の体験実習も行います。
arrow 第8回 11/26(日)
赤ちゃんのお世話をしてみよう!
新生児の生理的特徴と母子のスキンシップの重要性を説明する。新生児のモデル人形を使用し、おむつ交換、授乳の仕方、泣いている赤ちゃんの観察の仕方について体験します。
arrow 第1回 5/21(日)
小魚の透明化標本をつくってみよう
小魚(ワカサギ)の身体を透明化して、カルシウム塩を染める色素(アリザリンレッド)で染色する実験実習を行います。 我々が日ごろ栄養として摂取しているカルシウムは、身体の中でどのような構造の材料となっているのか、自分の目で確かめてみましょう。
arrow 第2回 6/18(日)
小麦粉の調理(餃子の皮について)
小麦粉には、たんぱく質含量の違いにより、薄力粉、中力粉、強力粉があります。それぞれの特徴を、餃子の皮を作り、比較します。餃子も日本では焼き餃子が主流であるが、中国で主流の水餃子について実習を行い試食しましょう。
arrow 第3回 7/23(日)
野菜を食べよう
食事バランスガイドを用いて1日に必要な野菜量について、自分の食事をふりかえり適切な野菜量を食べるための工夫について一緒に考えてみましょう。
arrow 第4回 8/5(土)
生化学における定量実験※午前のみ実施
生化学実験には大きく分けてものの性質を知る「定性」とものの量を測る「定量」があります。ヒトが生きていくために必要な栄養素が全て明らかになった現在、健康維持のために重要なのは定量実験です。本授業では定量とその方法について解説します。
arrow 第5回 8/6(日)
免疫の仕組みとアレルギーについて※午前のみ実施
アレルギーには、食物や花粉などによって引き起こされるもののほかにも様々な疾患があります。アレルギーを起こすメカニズムについて、免疫の仕組みから解説します。さらに、緊急の場合の対処方法についても知っておきましょう。
arrow 第6回 8/27(日)
「理学療法・看護・保健栄養」共催 体験授業!※午前のみ実施
「脳卒中に対するチーム医療 ~みんなで1人のために~」
(1)脳卒中の種類(脳梗塞・脳出血)とその病態生理(理学療法学科)
(2)運動麻痺について(理学療法学科)
(3)脳卒中患者の在宅生活において利用できる制度やサービスについて(看護学科)
(4)脳卒中を予防するための食事(保健栄養学科)
arrow 第7回 9/24(日)
茨城県民の塩分摂取量はどれくらい?
管理栄養士は個人の栄養指導だけではなく、地域や集団の栄養改善を目指しています。茨城県民の脳卒中死亡率は全国と比べると高く、高血圧対策が必要だと考えられます。今回は普段の食生活の中でどれくらい食塩を摂取しているか検討し、家族の健康づくりを考えてみましょう。
arrow 第8回 11/26(日)
風邪やインフルエンザ対策のための栄養管理
健康と栄養管理の基本を知り、免疫をあげる食習慣、生活習慣から、インフルエンザ対策をしましょう。
arrow 第1回 5/21(日)
核医学検査について学ぼう
微量の放射線を出す放射性医薬品を体内に投与して行う検査について実際の画像を交えて講義する。
arrow 第2回 6/18(日)
放射線って、診療放射線技師ってなに?
~最先端のがん治療から~

放射線とは何か、診療放射線技師とはどういう職業なのかを、最先端の切らずに治すがん治療を例に説明します。
arrow 第3回 7/23(日)
今、あなたは放射線に被ばくしていますよ!
自然界に存在する放射線により、人類が太古から絶えず被ばくしている実態を知りましょう
arrow 第4回 8/5(土)
医療現場で用いる画像処理
日常的に使用している画像処理と医療現場での画像処理の関係性を理解する
arrow 第5回 8/6(日)
乳がんとマンモグラフィ
女性で罹患率 1位の乳がんに関するマンモグラフィ検査について講義する
arrow 第6回 8/27(日)
消化器を見る
X線TVやCT検査によって行う消化器検査について講義する
arrow 第7回 9/24(日)
様々なX線検査においてどのような写真になるかな?
一般X線検査、特殊X線検査システムを中心に画像処理の進歩について講義する
arrow 第8回 11/26(日)
MRIってなぁ~に?
MRIの装置の成り立ちと画像の作り方について説明する。
arrow 第1回 5/21(日)
ブタの臓器を観察してみよう
食肉用に解体されたブタ内臓の観察をします。ヒトとの違いを解説して、ヒトの臓器の理解を深めます。
arrow 第2回 6/18(日)
心電図検査を体験してみよう
心臓の電気的活動を記録している心電図についてやさしく解説します。また、実際に心電図記録も体験できます。
arrow 第3回 7/23(日)
凝集反応を観察しよう
ー病原体をどのように排除するかー

生体に備わった不思議な力、免疫反応を試験管内で起こさせ、観察しよう。
arrow 第4回 8/5(土)
臨床検査学科では「体験ツアー」を実施します!
「顕微鏡実習室」や「臨床生理学実習室」をはじめとした各実習室で医療機器を体験しよう!
arrow 第5回 8/6(日)
臨床検査学科では「体験ツアー」を実施します!
「顕微鏡実習室」や「臨床生理学実習室」をはじめとした各実習室で医療機器を体験しよう!
arrow 第6回 8/27(日)
臨床検査学科では「体験ツアー」を実施します!
「顕微鏡実習室」や「臨床生理学実習室」をはじめとした各実習室で医療機器を体験しよう!
arrow 第7回 9/24(日)
「貧血」という症状をどれくらい理解していますか?
貧血は、鉄が欠乏して起こるだけではないのです。その裏には、重篤な病気が潜んでいる場合があります。詳しく学んでみませんか。
arrow 第8回 11/26(日)
尿を検査してみよう!
学校健診のメニューにもある尿蛋白検査や尿潜血検査を実際に体験していただきます。
arrow 第1回 5/21(日)
心電図を見てみよう
心臓の電気的な活動の様子をグラフ化したものを心電図と呼び、この心電図を読むことで様々な心疾患を診断することができます。心電図や測定原理を解説し、簡単な実習を通して理解を深めます。
arrow 第2回 6/18(日)
人工心肺装置を操作してみよう
心臓の手術を行う際、一時的に心臓や肺の役割を代行する装置が人工心肺装置です。血液の代わりに水を使った回路で操作を体験しよう。
arrow 第3回 7/23(日)
電気メスを体験しよう
電気メスを用いて果物を切る実習を行い、臨床工学技士が関わる治療機器に対する理解を深めます。
arrow 第4回 8/5(土)
人工呼吸器を体験しよう
さまざまな病気により自分でうまく呼吸ができなくなってしまったとき、呼吸を補助してくれる装置が人工呼吸器です。マスクを使った人工呼吸器の感覚を体験してみよう。
arrow 第5回 8/6(日)
血液浄化を体験しよう
患者さんの血液に見立てた色水を透析することで、血液が浄化されていく様子を観察します。
arrow 第6回 8/27(日)
電気メスを体験しよう
電気メスを用いて果物を切る実習を行い、臨床工学技士が関わる治療機器に対する理解を深めます。
arrow 第7回 9/24(日)
血中の酸素濃度を見てみよう
血液の大きな役割の1つに酸素の運搬があり、生命を維持するためには十分な酸素が体中に送られている必要があります。血液中の酸素濃度を測る原理を解説し、簡単な実習を通して理解を深めます。
arrow 第8回 11/26(日)
血液浄化を体験しよう
患者さんの血液に見立てた色水を透析することで、血液が浄化されていく様子を観察します。