医療保健学部は、高い倫理観、幅広い教養、体系的な専門知識、基本的実践能力、及び職能としてのコミュニケーション能力を備えた、社会に貢献できる保健・医療の専門職を育成することを教育の目的とする。
 卒業認定は、上記の学部の教育目的及び下記の各学科の教育目的に基づく教授会の議 を経て、学長が行う。卒業の要件は、学科ごとに定めている所定の単位を修得している ことである。
 各学科の教育目的と卒業に当たって授与される学位の名称は以下のとおりである。学位に付記する専門分野の名称は、国際的通用性に配慮して定められている。
  • <理学療法学科>
    • 幅広い教養と他者に共感できる感受性と教養を身につけた豊かな人間性を備え、チーム医療の中で有機的な連携を図ることができる。
    • 理学療法学の専門的な知識と確かな技術を身につけることができる。
    • 社会のニーズを把握でき、自ら継続的な向上を図ることができる。
    • 国際的な視野を持ってリハビリテーションの領域で社会に貢献できる。
     
    学位:Bachelor of Science in Physical Therapy(理学療法学)
  • <看護学科>
    • 人への深い関心と尊厳を持ち、倫理観に基づき、看護職者として責任ある行動をとることができる。
    • 多様な文化的背景や価値観を理解し、看護の対象者に共感できる感性をもち、状況に相応しい人間関係を築くためのコミュニケーションを図ることができる。
    • 看護に求められる知識と基本的技術を修得し、科学的根拠に基づいて主体的に実践できる。
    • 看護の専門性を認識し、チームの一員として多職種と連携・協同できる。
    • 個人・家族・地域社会における健康課題を査定し、看護実践をとおして、社会に貢献できる。
     
    学位:Bachelor of Science in Nursing(看護学)
  • <保健栄養学科>
    • 様々な国の食文化を理解し、「食」に関する基礎的な知識と技術を習得することで、社会においてこれらを国際的・学際的な視点から実践・応用する能力を身に付けることができる。
    • 栄養士、管理栄養士として専門的知識を基盤に、高度化する社会において「食と栄養」という側面からチームの一員として、様々な健康問題に取り組み、医学・栄養学の発展に貢献するための能力を身に付けることができる。
    • 豊かな教養と人間性、高い倫理観とコミュニケーション能力をもち、他の医療系専門職と連携し、国内外において「食と栄養」のプロフェッショナルとして人々の健康増進を先導するための能力を身に付けることができる。
     
    学位:Bachelor of Science in Nutrition(栄養学)
  • <診療放射線学科>
    • 人体に関する正確な医学知識と理工学の専門知識や技術、応用能力を身につけ、医療現場において医師や他の医療職とともにチーム医療に貢献できる。
    • 自らの考えや疑問を相手に分かり易く伝えるとともに、チーム医療を重視し他の医療職種との議論を通して協調しながら業務を行うことができる。
    • 情報画像技術を用いて診療画像情報を収集・分析し、効果的かつ正しく活用することができる。
    • 自らの知識、能力等を総合的に活用しながら、多角的な視点から物事を思考し、医学的思考や理工学的思考から解決力をもつことができる。
    • 自ら解決すべき問題・課題を見つけ、それに取り組む姿勢を備えることができる。
    • 社会的責任の自覚 放射線を扱う者としての高い倫理観を持って、社会に対し医療被曝に関与する責任を自覚することができる。
     
    学位:Bachelor of Science in Radiological Technology(診療放射線学)
  • <臨床検査学科>
    • 医療専門職としての基礎知識・専門知識だけでなく、社会人としての教養を身につけることができる。
    • 医療人としての使命感と高い倫理観を持ち、社会に貢献する姿勢を身につけることができる。
    • 専門分野の基本的技術を提供できる実践能力を身につけることができる。
    • 知識・技術を統合し、問題を解決できる能力を身につけることができる。
    • チーム医療を実践できるコミュニケーション能力を身につけることができる。
    • 新たな課題に対して、既存技術を応用する創造性と、進歩する技術を受け入れ発展させる柔軟性を身につけることができる。
     
    学位:Bachelor of Science in Medical Technology(臨床検査学)
  • <医療技術学科>
    • 社会生活に必要な幅広い教養を身に付けると共に、患者中心のチーム医療の中で高い倫理観のもとで必要なコミュニケーション能力を発揮することができる。
    • 臨床工学技士に必要な基礎医学と臨床医学に関する基礎的知識を実践的な医療の環境下で活用することができる。
    • 生命維持管理装置を中心とした各種医療機器の安全性と信頼性を確保しながら、その専門的知識を活用し、機器操作に関する実践的運用能力を発揮することができる。
    • 将来の専門技術者に必要な客観的データに基づく定量的な議論ができ、かつ主体的な 問題解決能力が備わっていると共に創造性開発ができる。
     
    学位:Bachelor of Science in Medical Care Technology(医療技術学)

◆社会福祉学科

 所定の単位を修得し、かつ、以下のような能力を身につけた学生に対して、学位を授与する。

学位:学士(社会福祉学)、Bachelor of Social Welfare
  • 社会福祉全般の基本的な知識とともに自己の関心に基づいた社会福祉領域の専門的知識をもっている。
  • 現代社会の基本的枠組みや生活上の諸問題を理解し、社会のあり方や人間の生き方について、「なぜ?」をもとに多面的に考察する習慣が身についている。
  • 問題解決に必要な情報を適切な手段を用いて自ら探し出すことができるとともに、探し出した情報の価値を的確に判断することができる能力を身につけている。
  • 自己の価値観に対する気づきを得、他者に対する配慮や自己開示、共感的応答などの対人コミュニケーション能力を身につけている。