≪医療保健学部≫

 医療保健学部及び各学科の教育目的を達成するために、学科ごとに体系化された教育課程を編成する。この教育課程による教育を、以下に記述しているように、適切な教育方法を用いて実施するとともに、学生の成績評価を適正に行う。

  • 教育課程は、基礎科目、専門基礎科目、専門科目から構成し、体系的に編成する。
  • 基礎科目による教養教育により、専門分野の枠を超えて共通に求められている知識・思考方法等の知的な技法を修得させるとともに、人間としての在り方・生き方に関する洞察力や現実を正しく理解する力を涵養する。
  • 各学科の専門基礎科目・専門科目による教育により、理学療法士、看護師・保健師、管理栄養士・栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師に必要な専門的知識と基本的臨床実践能力を修得させる。専門基礎科目・専門科目は、文部科学省・厚生労働省の指定規則に準拠して開設する。
  • 必修科目は、学生が段階的・体系的に専門的知識・技術を修得できるように、また、一年間の単位数が多くなりすぎないように、1年次から4年次まで適切に配置する。時間割は前期・後期のセメスター制を採用して組む。
  • 教育は、講義、演習、学内実習、学外実習(臨床実習・臨地実習)を適切に組み合わせて行う。また、少人数教育・双方向型学習をできるだけ多く取り入れる。
  • 教育の質の維持・向上のために次の方針を定める。すなわち、2年次後期までに履修すべき必修科目の単位を全て取得していることを、2年次から3年次への進級の要件とする。また、原則として当該実習開始までに履修すべき必修科目の単位を全て取得していることを、臨地実習・臨床実習を履修できる要件とする。さらに、4年次に統合科目を必修科目として開設し、専門的知識を統合し応用する能力の育成を図る。
  • 評価は授業内容・授業形態に対応した評価方法を用いて適正に行う。理学療法学科では臨床技能の評価に、客観的臨床能力試験 (OSCE, Objective Structured Clinical Examination)を導入する。
  • 単位制度の実質化、教育方法、成績評価、シラバスについては今後一層の改善を図る。

≪産業社会学部≫

◆社会福祉学科

 社会福祉の根底となる価値(理念・倫理)および社会福祉の根幹となる技術(方法)、そして社会福祉の輪郭となる知識(法制度)に関する科目をバランスよく配当し、相対的で多面的な視点のもとに具体的な問題解決の方法を提示できるようになることに留意し、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成している。

  • 社会福祉の基本的な知識や技術を教授するための科目は必修科目とし、社会福祉の専門知識や技術ならびに関連分野の知識や技術を教授するための科目は選択科目としている。
  • 1年次から4年次まで体系的に学修できるように、特定の科目の単位履修を履修の条件とする科目を開設・配当している。
  • 将来の進路を見据え、複数の資格を取得できるように必要な科目を設置する。