つくば国際大学 社会福祉学科


社会福祉学科トピックス

 都和児童館で行われた「春の児童館まつり」に福祉活動サークルの学生5名(社会福祉学科1名、理学療法学科1名、臨床検査学科1名、看護学科2名)がボランティアとして参加しました。
 当日はあいにくの雨でしたが約200名の児童が来館し、それぞれのゲーム担当箇所で楽しい時を過ごしました。
 また他大学の学生との交流も深めました。
 石岡市常陸風土記の丘で行われたイベント「あそびの日(楽しい昔のあそび) 」に、福祉活動サークルの学生9名(社会福祉学科2名、保健栄養学科3名、理学療法学科1名、臨床検査学科3名)と顧問がボランティアとして参加しました。
 当日は凧作りや凧揚げ、大縄跳び、魚釣り、輪投げ、ニュースポーツなどを担当し、来場した親子連れと楽しい時を過ごしました。

 福祉活動サークルの学生7名(社会福祉学科4名、看護学科1名、臨床検査学科2名)と教員が東京にあるかがやけ第2共同作業所(知的・精神障害者)の「にいじゅくまつり」にボランティアとして参加しました。
 ボランティアの担当はたこ焼き、フランクフルト、枝豆、ヨーヨー釣り、くじ引きと様々で、中にはご当地キャラクターのたかさゴンの着ぐるみに入った学生もいました。
 当日は予想以上の来客で、休憩時間もとらずに頑張っていました。片付けを手伝った後は、打ち上げを兼ねた反省会で美味しいものをいただきました。


 牛久市にある高齢者施設「特別養護老人ホーム 博慈園」の夏祭りに福祉活動サークルの学生3名(社会福祉学科)と教員がボランティアとして参加しました。
 当日はチョコバナナ、ポップコーン、かき氷を担当し、片付けも行いました。


 石岡運動公園で行われた障害者のフライングディスク競技大会に福祉活動サークルの学生3名(社会福祉学科2名、臨床検査学科1名)と教員がボランティアとして参加しました。


 雨が心配される中、福祉活動サークルの学生3名(社会福祉学科)と教員が石岡にある障がい者施設「大雅荘」、「はーとふるビレッジ」の納涼祭のボランティアに参加しました。


 福福祉活動サークルの学生3名(社会福祉学科)が障害者施設のサマーフェスティバル「しらとりサマーフェスティバル 2016」にボランティアとして参加しました。
 当日はジュースやアイスクリームを担当し、利用者やお客様と楽しいひと時を過ごし、終了後は片付けを行いました。
 スタッフの方々が優しく、学生たちは感激していました。


 福祉活動サークルの学生3名(臨床検査学科)が社会福祉法人恒徳会の「納涼祭」にボランティアとして参加しました。
 当日は暑い中、午前中から会場の準備として机・椅子を出し、テント張り等を行いました。また、利用者の誘導なども行いました。


 福祉活動サークルの学生9名(社会福祉学科4名、保健栄養学科2名、臨床検査学科2名、臨床放射線学科1名)が特別養護老人ホーム「木の花さくや」の七夕祭りにボランティアとして参加しました。
 当日は最初に施設見学をしていただき、その後焼きそば、ジャガバタ、かき氷、カフェ、デザートをそれぞれが担当しました。
 また、盆踊りにも参加し、利用者の笑顔が見れて嬉しかったと話す学生がいました。


 福祉活動サークルの学生7名(社会福祉学科5名、看護学科1名、臨床検査学科1名)が東京のかがやけ共同作業所のお祭りにボランティアとして参加しました。
 野菜・文具の販売や射的やスーパーボールすくい、ヨーヨー釣り等を担当し、利用者やお客様と楽しく過ごしました。 。


 福祉活動サークルの学生6名(社会福祉学科2名、保健栄養学科4名)が東京にあるかがやけ第2共同作業所(知的・精神障害者)の一泊旅行にボランティアとして参加しました。
 利用者に付き添って、金銭管理・服薬確認(必要に応じて)、安全確保等をおこないました。
 今年は青梅に宿泊し、機関車に乗ったり、うどん作り等を体験しました。


 福祉活動サークルの学生22名(社会福祉学科4名、看護学科8名、栄養学科3名、臨床検査学科5名、診療放射線学科1名、メディア学科1名)がボランティアとして参加しました。
 当日は会場案内、つちまる君(着ぐるみ)に入る、ゴミの分別、会場片付けなどを行いました。
 主催の土浦市社会福祉協議会から、若い人がたくさん来てくれて、本当に良かったとのお言葉を頂きました。


 福祉活動サークルの学生13名(社会福祉学科8名、保健栄養学科2名、看護学科1名、臨床検査学科1名、メディア社会学科1名)が児童養護施設窓愛園の運動会にボランティアとして参加しました。
 子どもたちの競技を応援したり、一緒に競技に参加したり、会場の片付け等を行いました。


 福祉活動サークルの学生3名(社会福祉学科、看護学科、臨床検査学科各1名)が児童館祭りでボランティアを行いました。
 会場の片づけや子どもたちとゲームをして楽しく過ごしました。


 東京にあるかがやけ共同作業所(身体・知的・精神障がい者)のお祭りに福祉活動サークルの学生19名(社会福祉学科12名・診療放射線学科3名・看護学科4名)と顧問がボランティアとして参加しました。
 当日は焼きそばやかき氷を販売したり、射的やヨーヨーすくいなどのコーナーを利用者(なかま)と担当し、楽しく過ごしました。


 東京にあるかがやけ第二共同作業所(知的・精神障がい者)での一泊旅行に福祉活動サークルの学生(社会福祉学科2名・保健栄養学科5名)と顧問がボランティアとして参加しました。
 利用者(なかま)の付き添いなどを行い、夜の催しでは二人羽織で化粧をして利用者と楽しみました。


 市内にある窓愛園(児童養護施設)の運動会に、福祉活動サークルの学生9名(社会福祉学科4名・看護学科5名)、相談援助実習でお世話になった学生1名と顧問がボランティアとして参加しました。
 児童の踊りや走りなどに熱い声援を送ったり、パン食い競争や綱引きに参加しました。
 運動会のあとは美味しい昼食をいただきながら、児童との交流をもち、会場の片づけをして帰路につきました。


 光風荘・光風荘アネックス(障がい者支援施設)の『運動会』に、福祉活動サークルの学生8名と顧問がボランティアとして参加しました。
 会場の片づけや、障がい者の付き添いとして種目に参加したり、応援合戦を盛り上げたりしました。


 つくば国際大学の社会福祉学科で2015年2月から3月の期間で、介護職員初任者研修が行われ、17名の学生が資格を取得しました。


 10月19日(日)つくば市の特別養護老人ホームこの花さくやにおいて『秋の味覚祭り』が開催され、本学の福祉活動サークルのメンバー(社会福祉学科・臨床検査学科)がボランティアとして参加。会場準備や秋刀魚を焼いたり等を行いました。


 9月13日(土)東京都葛飾区のかがやけ共同作業所(知的・精神障がい者)で行われた『にいじゅく祭り』に本学の福祉活動サークルのメンバー(社会福祉学科・保健栄養学科)がボランティアとして参加。会場設営、利用者との活動、模擬店の手伝いなどを行いました。


 8月30日(土)土浦市のケアセンターにいはり(高齢者施設)において、納涼祭が開催され、本学の福祉活動サークルのメンバー(社会福祉学科・保健栄養学科)がボランティアとして参加。会場準備や屋台での対応、利用者付き添いなどを担当しました。


 全国模試に向けて事前の集中講座が開催されました。


 株式会社マイナビから講師をお招きし、就職活動に向けて夏休み中に何をすべきかについて話をうかがいました。

 七夕まつりの「こども広場」に福祉活動サークルのメンバー(社会福祉学科:3名、診療放射線学科:2名)がボランティアとして参加しました。
 来場した子どもたちと、ニュースポーツを通してふれあったり、路上落書きコーナーでは水をまいて落書きを消したりしました。夜には線香花火をして、子どもから高齢者まで幅広く交流しました。


 東京都葛飾区にある上記の作業所の祭りに福祉活動サークルのメンバー(社会福祉学科:6名、診療放射線学科:2名、理学療法学科:1名、メディア社会学科:1名)がボランティアとして参加しました。お祭りの射的やヨーヨーすくい、かき氷などを担当し、来場者と交流をもちました。


 株式会社ディスコから講師をお招きし、6月5日に行われた適性検査の結果をもとに自己分析と自己アピールの仕方を学びました。

 県南地区就職支援センターでキャリアカウンセラーをされている土田明裕先生を講師にお迎えし、「1年生からはじめる就職準備講座」を行いました。
 講座では、「働くことについて」考えることをメインテーマとしながら、生涯を考えた時の大学の位置づけや、大学生活の振り返り、1年生からはじめられる就職活動等について考えたり、講話をお聞きしたりしました。
 小さなことでも「目標」を持ち、それを意識することの大切さや、授業に出席する際の心構え等、日々の学生生活の中でできることを再確認できたようでした。


 土浦市の町興しと行われる上記の市場に福祉活動サークルのメンバ-(社会福祉学科:6名、臨床検査学科2名、メディア社会学科1名)がボランティアとして参加しました。当日は会場に来た子ども達と七夕飾りを作ったり、短冊に願い事を書いたりして、市場を盛り上げました。


 上記の一泊旅行(静岡県熱川)に福祉活動サークルのメンバー(社会福祉学科:1名、保健栄養学科:4名)がボランティアとして参加しました。利用者と寝食を共にし、金銭管理や服薬確認、レクリエーション補助等を行いました。

 株式会社ディスコから講師をお迎えし、就職活動全般の説明を受けたのち、職務適性検査を行いました。


 福祉活動サークル(社会福学科:2名)がボランティアとして参加しました。

 継続して学習できるようにゲーム感覚で記入するシートです。


 つくば市の研究学園駅前公園で、癌の撲滅や早期受診などを目的に全国から癌患者が集まり、24時間を通して誰かが公園内をあるく「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」にて、福祉活動サークル(社会福祉学科:10名、診療放射線学科:2名、臨床検査学科:3名、メディア社会学科:1名)がイベントの会場準備や片付け、公園内ウオークなどを行いました。




 

 毎年恒例の新入生歓迎会を開催しました。 レクリエーション関連の授業で身につけた企画力と運営力をもつ先輩たちが考えたゲームをしながら、 緊張していた新入生たちも 、楽しく、和気あいあいとした雰囲気の中で交流ができました。


 社会福祉士国家試験受験希望の3年生と4年生を対象に、合格へ向けての勉強方法について説明を行いました。

 平成25年11月17日(日)に土浦市と土浦市女性団体連絡協議会の共催で「男女共同参画センターフェスティバル」が開催されました。
 本学科の学生2名が、固定的な性別役割分担意識の解消を考える寸劇「桃太郎現代考」に参加し、感想がWITH YOU に掲載されました。