つくば国際大学 理学療法学科

“理学療法士”国家試験受験資格


身体機能回復を目指し一人ひとりに合うプログラムを実践
 理学療法士は、ケガや病気により身体に障がいをもつ人に対し、日常生活に必要な動作の維持や改善を図る仕事です。具体的には、医学的・社会的視点から一人ひとりの身体能力、及び生活環境を十分に考慮したうえで、適切なプログラムを作成。症状に合わせて運動療法(歩行訓練など)、物理療法(電気刺激など)を実施します。
 患者さんの機能回復、社会復帰に携われることは、この仕事の大きなやりがいといえるでしょう。
理学療法学科で取得可能な資格


【CASE1】病院勤務 『骨折した患者さんに・・・』
理学療法学科で取得可能な資格
ギプスで固定していた部位を、日常生活に支障のないよう動かす練習を行います。
【CASE2】福祉関連施設勤務 『高齢者に・・・』
理学療法学科で取得可能な資格
高齢者の自宅に訪問し、身体機能回復のリハビリを行います。
【CASE3】スポーツ関連施設勤務 『スポーツ選手に・・・』
理学療法学科で取得可能な資格
スポーツ選手の健康管理メニューの作成とケガをした際のリハビリを行います。

“社会に必要とされる仕事です

 近年は高齢化にともない、リハビリを必要とする高齢者が増えています。また、その需要の場は医療機関のなかだけでなく、地域のデイケアセンターや保健福祉センター、スポーツクリニックなど多岐にわたります。
 障がいを抱える人びとが自立した日常生活を取り戻すまでには、本人の考えや判断が考慮されなくてはなりません。今後は「与える医療」より「支える医療」が必要とされ、理学療法士の一層の活躍が期待されています。