つくば国際大学 保健栄養学科

“管理栄養士”国家試験受験資格


病院や学校、福祉施設などで栄養管理・指導を行う
 栄養士は特定多数の人に対して継続的に食事を供給する施設でメニューをつくり、栄養管理・指導を行います。管理栄養士は傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導や個人の身体の状況と栄養状態などに応じた健康の保持増進のための栄養の指導、施設利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況などに応じた特別の配慮を必要とする給食管理や、施設に対する栄養改善上必要な指導などを行います。
 食のスペシャリストとして活躍できる職業です。
つくば国際大学 保健栄養学科で取得可能な資格


【CASE1】病院勤務 『入院中の患者さんに・・・』
つくば国際大学 保健栄養学科で取得可能な資格
チーム医療の中で栄養管理と治療食管理を担当します。
【CASE2】スポーツジム勤務 『利用者に・・・』
つくば国際大学 保健栄養学科で取得可能な資格
健康づくりに役立つ栄養指導や、食生活のアドバイスを行います。
【CASE3】食品メーカー勤務 『企画担当者とともに・・・』
つくば国際大学 保健栄養学科で取得可能な資格
試作と試食をくりかえしながら、新商品の開発に取り組みます。

“社会に必要とされる仕事です

 近年、高齢化や生活習慣病の増加などにより、人々の健康に対する関心は高まっています。「食生活から健康を見直そう」という考え方も注目されるなかで、管理栄養士の存在は今後ますます重要視されるでしょう。
 また、ビジネス分野で栄養関連商品・サービスの必要性が増加し、教育分野では食育が必要とされるなど、活躍の場は拡大中。さまざまな角度から社会に貢献し、健康な食生活を牽引することが期待されています。

“栄養士” ※卒業と同時にに取得


 栄養士は栄養のスペシャリストとして、学校や病院などでそれぞれの人に必要な栄養とは何かを考え、食事の管理と栄養指導を行います。

“NR・サプリメントアドバイザー” ※在学中に取得可能です


保健機能食品を扱う店舗や病院などで、専門的観点から個人個人の栄養状態を評価し、保健機能食品などのサプリメントについてアドバイスします。
NR・サプリメントアドバイザーは、一般社団法人日本臨床栄養協会が認定する資格です。サプリメントや保健機能食品などの健康食品について、消費者に対し専門的観点からアドバイスを提供します。厚生労働省による「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成に関する基本的な考え方について」というガイドラインに添って実施され、身近で相談できる人材の育成を目的としています。本学ではこの資格取得をサポートしており、昨年は9名が合格。合格率は75%となり、全国平均55.8%を上回りました。
つくば国際大学 保健栄養学科で取得可能な資格