公衆衛生看護学実習


つくば国際大学 看護学科の実習について「公衆衛生看護学実習」
 地域で生活している人々の健康やQOLの向上を目指す公衆衛生看護活動の実習をとおして、公衆衛生看護の視点を養うとともに、そのあり方や方法の実際を学ぶ。
 具体的には公衆衛生看護活動の場である保健所と市町村の保健センターを実習施設とし、公衆衛生行政の現状や関係機関との連携のあり方を学び、さらに保健師が地域特性を踏まえて行っている個別的支援、集団的支援、組織的な支援をの実際をとおして保健師の役割について理解を深める。



公衆衛生看護学実習Ⅰ(地域アセスメント)


 内容
 公衆衛生看護学概論、公衆衛生看護活動論での学習をもとに、大学に近接する保健所、市町村保健センター管内おいて、既存の資料を分析した上で地域踏査等を実施し、地域の特性と住民の健康ニーズの実態を学びます。

公衆衛生看護学実習Ⅱ(健康生活への支援)


 内容
 公衆衛生看護活動概論、公衆衛生看護活動論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲでの学習をもとに、県内保健所、市町村保健センターで実習を行います。行政における保健活動をとおして、地域看護活動の展開方法と保健師の役割について学びます。