在宅看護論実習


つくば国際大学 看護学科の実習について「在宅看護論実習」
 在宅看護活動が必要とされる社会背景として、人口構造の変化、疾病構造の変化、家族機能の変化の理解を深めると共に、医療保険制度・改正介護保険法・高齢者の医療確保に関する法律に関しての学習を基に、在宅看護活動の理念と目的・特性を学ぶ。
 在宅看護の実践に必要な知識・技術を具体的な対象モデルを活用して、看護過程の展開方法を学ぶと共に、面接、相談技術、家族支援、ケアマネジメントの方法を知る。
 援助の原則。在宅看護の基本を習得しながら、生活の場で療養者の自立を促し、日常生活の範囲が広がるように援助するための方法を学ぶ。また、在宅療養者の健康レベル(健康増進・疾病の悪化予防・ターミナル)と生活状態とを考慮した看護アセスメントの必要性を理解し、演習を通して習得する。
 精神看護学Ⅱでは、精神の健康上の問題に直面している人とその家族に対し、看護を実施するための方法論と援助技術を学ぶことを目的として、精神症状や精神状態によって影響された健康や生活をアセスメントし、健康と生活の質を高める看護方法について学習する。また、他者とのかかわりの中で自己理解を深める学習を通して、患者と看護者関係における自己活用の能力を高め、精神保健医療システムにおける看護師の役割を理解し、人間の自立(自律)を育む支援について学ぶ。




 内容
 在宅看護で求められる基本的な看護の知識・技術の学習を基に、介護保険で利用できる在宅 サービスについ学習します。ケアマネジメントについて居宅サービス計画立案を通して在宅ケアの統 合を体験的に学び、在宅看護の位置づけや役割を学習します。