看護学科の実習について


 本学の教育理念に基づいて看護師としての基本的な臨床実践能力を育てることを目標に、看護学の専門基礎分野の知識・技術の基本を習得するとともに、高い倫理観、科学的思考力、物事への深い理解力、問題解決能力及び豊かな心の育成を図ることを、本学の看護学科の教育方針とする。


 基本的な臨床実践能力を育てるという本学看護学科の教育方針を受けて、看護学実習の目標を次のように定める。

学習目的

  • (1)看護学にて学習したことをもとに実習に臨み、看護学に対するより強い関心と意欲を高める。
  • (2)看護の対象をはじめとし、さまざまな人との関わりを通して対象を理解することの意味、対象を理解するために必要な能力について実際的に学習する。
  • (3)看護実践の場で看護過程を展開する経験をもち、看護における問題解決能力を養う。

学習目標

  • (1)看護過程を展開することを通して、科学的、意図的、個別的な看護を実践できる能力を養う。
    ≪1≫知識・技術・思考能力の統合を目指す。
    ≪2≫個別的看護のできる能力を養う。
  • (2)専門職業人として安全性・安楽性を目指し、かつ倫理的な配慮をもって実践できる態度を養う。
  • (3)看護チームの一員として、あるいは、チーム医療を担う一員として協働することの意味、及びチーム活動における記録・報告・連絡・相談の意味を体験的に学習する。

領域別看護学実習科目 ※クリックで詳細がご覧になれます



看護学の専門基礎分野の
知識・技術の基本を習得します

母性看護の対象および母性看護における
看護職の役割について実践的に学びます

健康問題および健康問題に対する予防や
解決に向けての看護を学びます

人間の精神機能の理解を基盤に、
健全な心の発達とそれに影響を
及ぼす要因を学びます

高齢者の健康レベルに合わせた
効果的な看護を実施するための
基礎能力を養います

在宅看護活動の理念と
目的・特性を学びます

小児看護における看護職の
役割について実践的に学びます

公衆衛生看護の視点を養うとともに、
そのあり方や方法の実際を学ぶ


■筑波大学附属病院 ■総合病院土浦協同病院
■東京医科大学茨城医療センター ■筑波記念病院
■牛久愛和総合病院 ■つくばセントラル病院
■筑波メディカルセンター病院
■総合守谷第一病院
 ほか

■介護老人保健施設
■訪問看護ステーション
■保健所、保健センター など