つくば国際大学 臨床検査学科

“臨床検査技師”国家試験受験資格


正確な検査データを提供し病気の早期発見・予防に貢献
 臨床検査技師は、患者さんの訴えに応じて、医師が指示した検査を行い、そのデータを提供する仕事です。 その後の診断や治療の出発点になると同時に、病気の早期発見・予防に貢献し、診療においても、大事な工程に関わることになります。
 検査には、身体に種々の機器を装着して情報を得る「生理機能検査」と、血液や骨髄、尿などを使って病状を把握する「検体検査」の2種類があり、これらの検査結果が、医師の診断を大きく左右します。
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格


【CASE1】病院勤務 『医師の依頼に応え・・・』
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格
血液や尿の検査を行い、検査結果を検証して、チーム医療に参加します。
【CASE2】健診センター勤務 『健康な方に・・・』
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格
エコーや心電図検査を行い、潜んでいる病気を早期発見して早期治療・予防に役立てます。
【CASE3】治験メーカー勤務 『製薬メーカーの発注で・・・』
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格
新薬の効果を臨床試験し、市場へと送り出す手助けをします。

“社会に必要とされる仕事です

 医療技術が日々進歩するなか、重要なデータを提供する臨床検査技師の業務は重要性を高めています。また、健康な人が予防のために健診を受ける傾向が強まっています。
 一方で、簡単な検査は機械化される傾向があり、臨床検査技師には一層高い専門性が求められます。たとえば、超音波検査士や細胞検査士、骨髄検査技師など多種ある学会認定関連資格を取得することで、新たな強みをもつことが可能です。

“第2種ME技術実力検定試験” ※在学中に取得可能です


ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質
 この試験は「ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質」を検定するものです。  合格者は日本生体医工学会より合格証明証が交付され、「第2種ME技術者」の呼称が使用できます。また、第1種ME技術実力検定試験の受験資格が得られます。
※一般社団法人日本生体医工学会ME技術教育委員会より引用

合格者の声

積極的に資格試験にチャレンジし
自分の可能性を広げていきたい
つくば国際大学 臨床検査学科で取得可能な資格

 第2種ME技術実力検定試験に挑戦したのは、2年生のとき。夏休みの時間を最大限に利用して、勉強に励みました。全国平均の合格率は約35%という厳しい試験ですが、専門知識を深めたくてチャレンジしました。先生の勧めてくれたテキストをもとに勉強に取り組んだほか、臨床工学を学んでいる友人の助けも借りました。
 つくば国際大学ではME技術者の資格取得に特化した補講も開かれていて、過去問の解説など、きめ細やかなサポートをしてくれます。次の目標は、第1種ME技術実力検定試験。さらに難しい資格試験になりますが、在学中のじっくり勉強できる環境を活用し、積極的に挑戦して自分の可能性を広げていきたいと思います。

臨床検査学科 谷津 陽和

他にもこんな資格が目指せます


遺伝子分析科学認定士【初級】
指定科目を履修したうえで、日本臨床検査同学院の実施する試験に合格することで取得できます。

 卒業後に臨床検査技師が取得できる資格

※既定の実務経験が必要となります
  • 超音波検査士
  • 認定輸血検査技師
  • 日本糖尿病療養指導士
  • 胚培養士
  • 細胞検査士・国際細胞検査士
  • 消化器内視鏡技師
  • NST専門療法士
  • 認定臨床化学者