医療保健学部長メッセージ

  •  少子高齢化が急速に進むわが国では、保健・医療のさらなる発展、それに伴うチーム医療の普及が求められています。医療従事者は互いの専門性を尊重し、最大限の能力を出し合うことで、医療ニーズの多様化に応えていかなければなりません。
     私たちつくば国際大学は、高度で総合的な保健・医療分野の一翼を担う能力を備えた、理学療法士、看護師・保健師、管理栄養士・栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士を養成しています。多様な学生を歓迎し、各自の個性・特性を、専門能力にまで高めることができる編成です。
     それぞれの学科では、幅広い教養、高い倫理観、体系的な専門知識を身につけた、質の高い医療人を養成しています。臨床現場の経験豊富な教員陣を揃え、少人数教育・双方向学習を多く取り入れた教育を実施。入学前教育や弱点科目の補習を行うなど、きめ細かな指導をいっそう徹底させ、学生の夢を着実に実現していける環境を整えました。

    つくば国際大学 医療保健学部 学部長
    医療保健学部
    学部長

    宮崎 泰
     また、各学科の学びに基づいたボランティア活動を全学で支援しています。地域貢献を通して学生の実践力を高めるとともに、医療従事者として必要な人間力を涵養しており、大学基準協会からも高い評価を受けています。こうした教育体制の充実化は、国家試験合格率の向上や高い就職率の維持という形でも実を結んでいます。
     学部全体で豊かな人間性を育み、多様化するチーム医療へのさらなる貢献をめざします。
    チーム医療で活躍できる
    柔軟で質の高い医療人を養成