就職内定者からのメッセージ



arrow
arrow
arrow
※学生の内定先は2016年3月のものです

つくば国際大学 理学療法学科 内定者
内定獲得は先生のアドバイスのおかげ
高い就職率にも納得できる環境だった
 高校時代は野球に打ち込んでいましたが、肩の故障が原因で部活動を継続できなくなりました。当時、大変悔しい思いをしたことから、リハビリで選手を支える理学療法の重要性を意識するようになりました。
 就職活動では先生が何度も相談に乗ってくれ、とても励みになりました。希望どおり、トップアスリートを支えるスポーツドクターが所属する病院の内定を獲得できたのは、先生の親身なサポートのおかげです。
 また、同じ道を歩む友人がいたことは、大きな励みになりました。 互いに勉強を教え合う良い仲間であると同時に、負けたくないライバルでもあり、共に高い意識をもって学び続けられました。卒業後も、大学で培った技術や心がまえ、仲間との絆を大切に、理学療法士として成長していきたいと考えています。
山口 真吾
医療保健学部 理学療法学科 卒業
内定先:筑波学園病院

つくば国際大学 看護学科 内定者
友人、先生、実習先の患者さん
すべての出会いが夢を叶える糧になった
 国家試験合格に向けて諦めず勉強を続けられたのは、先生や友人の力が大きかったと感じています。看護学科全体のつながりが強く、安心して学べました。質問のしやすい先生ばかりで、とことん勉強をサポートしてくれます。
 また、試験や勉強の後には友人と息抜きをして、無理なく一つひとつの目標を達成していくことができました。技術や知識はもちろんのこと、実習が充実しているため、看護師にとって重要なコミュニケーション能力もしっかりと身につけられます。
 実習先で患者さんから「ありがとう、助かったよ」と言葉をかけてもらい、あらためて看護師という仕事のすばらしさを実感することができました。感謝される喜びをいつまでも大事にし、患者さんに優しく寄り添える看護師になりたいと思います。
岡部 杏南
医療保健学部 看護学科 卒業
内定先:牛久愛和総合病院

つくば国際大学 保健栄養学科 内定者
憧れを形にすることができたのは
大学が就活を全力応援してくれたから
 高校時代に栄養学を勉強する中で、一生続く「食べること」を通して人の健康を支えたいと考えるようになりました。管理栄養士になれば活躍の分野が広がるため、国家試験は挑戦しがいのある目標でした。受験してみると、病気や人体の知識など授業で学んだ内容が問われ、4年間続けた勉強のひとつひとつに意義があったと実感しています。
 実習先の介護老人保健施設では、チームの一員として活躍する管理栄養士さんの姿に心を打たれ、就職志望先を決めるきっかけになりました。面接指導など先生の手厚いバックアップに助けられ、無事に内定を決めることができ嬉しく思っています。
 今後は現場のさまざまな職種の方と協力しながら、真心のこもった食事を提供していきたいと思います。
綿引 恵里奈
医療保健学部 保健栄養学科 卒業
内定先:社会福祉法人 愛の会 介護老人保健施設 小川敬愛の杜