図書館(つくば国際大学図書館、つくば国際短期大学図書館)


 つくば国際大学の学生は、「つくば国際大学図書館」、「つくば国際短期大学図書館」を利用することができます。つくば国際短期大学図書館には、隣接する第2キャンパス(医療保健学部)の図書を中心に所蔵しています。

大学図書館OPAC 蔵書検索


上記フォームから
蔵書検索できます。
(つくば国際大学図書館)


 皆さんは高校時代にどのくらい図書室を利用したでしょうか。昼休みや自習時間を利用して読書をしたり、先生から薦められた本を借りて読んだりしたことがある人もいると思います。高校の図書室と大学図書館との大きな違いは、大学図書館には皆さんが将来進む専門分野に関する書籍や雑誌や学術資料が豊富に揃っていることです。

 皆さんは大学に入学して初めて、高等教育の一歩を踏み出しました。高校は高等教育ではなく、中等教育なのです。中等教育とは中学校と高校を指し、高等教育は大学以降の教育を指します。そして、先生方も高校までは教育学部を卒業した教員ですが、大学の先生方は専門分野で最先端の研究をしている研究者です。

大学の図書館には、専門分野を知るために必要であると先生方が考える書籍や雑誌、学術資料が備えられています。そのため、大学図書館は皆さんが考えている以上に大学の授業と密接に関係のある場所なのです。

 図書館には何万冊もの書籍や雑誌があります。学内のコンピュータから、皆さんが授業で学ぶキーワードで検索すると、そのキーワードに関係する多くの書籍や雑誌があることがわかるでしょう。検索したら、ぜひ図書館でその本を手に取ってみてください。情報検索と実際の情報活用は別の課題で、検索しただけでは、看板だけを見てお店の中に入らずに帰るのと同じで、あまり意味がありません。

 今日では、インターネットの普及にともなって電子書籍が増えてきました。これからますます電子書籍が普及していくことでしょう。手軽に購入できる電子書籍は確かに便利で、私も雑誌は電子版のものを読んでいます。しかし、本にあって電子書籍にはないものがあります。それは匂いです。図書館に入った瞬間に鼻をくすぐる匂い。それは本の匂いです。図書館には貴重な書物も、皆さんの先輩が使い古してきた書物もたくさんあります。多くの書物とともに本学創立以来長年培ってきた「歴史の匂い」が図書館にはあります。
つくば国際大学 図書館長
つくば国際大学 図書館長
石垣 明子

 大学に来たら、まずは図書館で大きく深呼吸してください。歴史や知識の宝庫である書物の匂いが皆さんの大脳を刺激することでしょう。

皆さんのご来館を、館員一同お待ちしています。


 大学の目的は、研究と教育の遂行であるといわれています。また、大学は自ら学ぶところ、学ぶことを学ぶ場であるともいわれています。このような大学の目的を教育および学術研究の面で充分に達成するために、図書・雑誌・ビデオ等の資料の収集・整理・提供等のサービスを行うのが大学図書館の使命です。大学図書館を充分活用して、学生生活を一層充実させてください。
 図書館で受けられるサービスには、貸出・利用案内・参考業務(資料および情報の入手方法等のアドバイス)・視聴覚機器利用等があります。学習に、研究に、教養に図書館を十二分に活用下さい。また、図書館職員にも気軽に相談してください。

 希望者には『図書館利用案内』をカウンターにて配付しております。
 また、下記からダウンロードもできますので、どうぞご利用ください。


9月
つくば国際大学図書館
★9:00~17:00☆9:00~20:00
1
2
3
4 5
6
7
8
9
10
11 12
13
14
15
16
17
18 19
20
21
22 23
24
25 26
27
28
29
30

つくば国際短期大学図書館
●9:00~19:00◎9:00~20:00○9:00~12:00
1
2
3
4 5
6
7
8
9
10
11 12
13
14
15
16
17
18 19 20
21
22 23
24
25 26
27
28
29
30


施設案内

← 一般書架 ← 地域資料
← 閲覧室 ← 新着・推薦図書コーナー
← 受付カウンター ← 新聞・雑誌閲覧コーナー
← 検索用端末 ← 参考図書コーナー
← AVルーム ← 白書・大型辞書コーナー
← 自習室
← 書庫


一般書架
図書館資料は主題ごとに分類しています。手にとった資料はもとの場所に戻してください。戻す場所が分からない場合はカウンターに返してもかまいません。

閲覧室
104席の座席があり、学習や読書のために利用します。

受付カウンター
閲覧・貸出の手続や利用案内、レファレンス・サービスなどすべての 図書館サービスの窓口です。

検索用端末
大学図書館や短大図書館の蔵書検索のほか契約データベースの検索も可能です。

AVルーム
視聴覚資料閲覧用ブースとパソコン3台を備えています。使用する場合は、受付カウンターに学生証を持参し手続きをします。

自習室
パソコン10台と12席分の自習スペースがあります。使用する場合は受付カウンターに学生証を持参し手続きをします。

書庫
新聞や雑誌のバックナンバー等を保管しています。閉架式のため、資料を利用する場合は、受付カウンターに申し出て下さい。

地域資料
茨城県の統計資料や県内各自治体の福祉関係の資料を収集しています。その他の郷土資料は、一般図書扱いです。

新着・推薦図書コーナー
教員が学生に一読をすすめる図書を紹介しています。

新聞・雑誌閲覧コーナー
最近の新聞・雑誌を読むことができます。過去のもの(バックナンバー)は書庫に保管しています。一部、CD-ROMやオンラインデータベースで記事を検索できる新聞もあります。雑誌は、図書と同じように主題ごとに配架しています。

参考図書コーナー
・授業計画(シラバス)で紹介している参考図書です。
・貸出期間は3日間になります。

紀要コーナー
大学が研究成果を公表するために刊行する論文集をいいます。冊子体のほかにインターネットで閲覧できる場合があります。

白書・大型辞書コーナー
調べものをする時に利用します。



  • 本学学生(研究生、科目等履修生を含む)
  • 本学教職員(非常勤職員を含む)
  • つくば国際短期大学およびつくば国際大学高等学校の職員および学生
  • 図書館長が特に許可した者

 図書を館外で利用する場合は、全て受付カウンターで貸出・返却・更新手続きをする必要があります。なお、視聴覚資料や禁帯出図書として指定されている図書は館外貸出はできませんので、館内で利用してください。
貸出冊数および
貸出期間
○つくば国際大学図書館
 通常7冊、14日以内
○つくば国際短期大学図書館
 通常7冊、14日以内
貸出手続き 貸出図書と学生証を受付カウンターに持参してください。
返却手続き 貸出図書を受付カウンターに戻してください。貸出期間を経過した場合は、一定期間貸出を受けることができなくなりますので注意してください。
貸出更新 貸出を受けた図書を継続して借りたい場合は、返却期間内に受付カウンターに図書を持参し手続きをしてください。更新が可能です。ただし、貸出予約がある場合や、試験期間中は更新を認めないことがあります。


 インターネット上で蔵書を検索できます。

○大学・短期大学図書館OPAC 
  http://sv2.opac.jp/paop/cgi-bin/index.cgi?LibId=010ie64


 学内LANに接続のパソコンからアクセスできます。

○CiNii
 国内の論文情報データベース
 http://ci.nii.ac.jp/

○医中誌Web版
 国内の医学系論文情報データベース
 http://login.jamas.or.jp/

○MEDLINE
 米国医学図書館作成の海外医学系論文情報データベース
 http://search.ebscohost.com

○CINAHL
 看護、保健系の海外医学系論文情報データベース
 http://search.ebscohost.com

○最新看護索引Web
 国内の看護系論文情報データベース
 https://jk04.jamas.or.jp/kango-sakuin/

○聞蔵 端末特定型【大学図書館内】
 朝日新聞データベース

○ヨミダス文書館 端末特定型【大学図書館内】
 読売新聞データベース

○NII-REO電子ジャーナルアーカイブ
 Springer Online Journal Archive(~1999)
 1999年以前に刊行されたSpringer社の電子ジャーナル1000誌以上にアクセス可能
 http://reo.nii.ac.jp/
 ※学内LANに接続のパソコンからアクセスできます。

○Journal of physiotherapy
 2008年~最新号まで閲覧可能
 http://www.sciencedirect.com/

○国立情報学研究所
 http://www.nii.ac.jp/

○国立国会図書館
 http://www.ndl.go.jp/

○筑波大学附属図書館
 http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mytulips/

○Webcat-plus
 http://webcatplus.nii.ac.jp/

  • 開館時間の変更、臨時の閉館等はその都度お知らせします。
  • 館内での飲食、喫煙は禁止です。
  • 利用者が図書、機器、備品および施設を、故意または重大な過失により、亡失損傷または汚損したときは弁償しなければなりません。
  • 図書館の利用についての規則に違反したり、図書館長の指示に従わない者は、図書館の利用ができなくなりますので注意してください。