平成26年度 医療看護進学コース
体験学習H
平成26年度 医療看護進学コース
病院実習(9月9日(火)〜10日(水):筑波記念病院)


 今回は、つくば市にある筑波記念病院で2日間の病院実習をさせていただきました。

●実習のテーマ●
1日目(9月 9日):「医療を受ける側の気持ちを実習する」
2日目(9月10日):「1日目を踏まえた病棟実習と、生活支援技術を学ぶ」    です。

 まずは、1日目の様子についてお伝えします。

 今まで様々な病院実習やボランティアに参加しましたが「医療を受ける側(患者の側)」になることがありませんでした。そこで、それらを感じるために下記の4つの学習をさせていただきました。

   @自分の足を友達に洗ってもらう(足浴)
   A血圧・脈拍測定をしてもらう
   B患者さんがいる病院内を、車いすやストレッチャーに乗ったまま移動する
   Cリハビリをしている患者様の実習                  など実施しました。


 @については、友達に足を触られ洗われることに対する「恥ずかしさ」を実感したばかりか
「足を洗うことの気持ちよさ」「声をかけられる安心感」などを実感したようです。

 Aについては、車いすやストレッチャーの押し方も大切ですが「それに乗っている側」の不安や恐怖
を身をもって感じたようです。
 
 また、今回の実習でも東風高校卒の理学療法士さんや看護師さんも関わっていただきました。

 近日中に、2日目の報告をしますので楽しみにお待ちください!!
 
【筑波記念病院です】
 
【気持ちが引締まります】

【2日間の実習がスタートします】

【友達同士で足浴実習】】

【相手の顔をちゃんと見て、声をかけながら!】

【ストレッチャーに乗ったまま人前に出て何を感じましたか】

【患者さんのいる病棟を移動しています。どんな気持ちですか?】】

【ストレッチャーに寝る立場になると、スピード感も含め怖かったです】

【東風高校卒の理学療法士さんから話を伺いました】

【レントゲン室です。左にいるのは副担任の今田先生です】

【最新のMRIを導入するようで、設置の様子を見ることができました】

【血圧を測っています@】
 
【マンシェットを巻くのも簡単ではありません】

【理学療法士さんから、車いすの指導を受けています】

【リハビリを受ける患者様の体験をしています】

【足首を固定しています。たったこれだけでも歩くのは大変です】
 
【膝を固定し、杖の使い方を看護師さん理学療法士さんから指導を受けています】

【今日1日の感想発表をしています。一人ずつ話しています】