本文へスキップ
○概 要
  はるかぜクラブとは、従来の生徒会組織をより充実した本校独自の生徒の自治組織です。
  学校行事や部活動(同好会活動)・カウンシル活動(委員会活動)など、生徒の学校における生活全般について
  生徒自身が自ら考えて実行し自己評価するための組織となります。
  また、はるかぜクラブの活動は原則として「パーティー」とよばれる生徒の誕生月ごとに分けられた12のグループで行われます。
  ホームルームや学年の枠を超えた生徒間の交流によって、様々な価値観を学びあう良い機会となります。
  会長を中心とした「役員会(代表者会)」、役員会の相談に応える「カウンシル(審議機関)」、具体的な活動を行う
  「コミティー(執行機関)」、生徒全体で様々な問題について意見を出し合う「総会(議決機関)」などではるかぜクラブは運営
  されます。
   《平成29年 役員》
    

○カウンシル
  カウンシルとは、はるかぜクラブ役員会のもとに組織される審議機関です。
  構成員は、12のパーテイーリーダーおよびサブ・リーダーの24名からなります。
  カウンシルでは、役員の求めに応じて学校生活・学校行事に関することを企画・立案し審議します。
  そして、カウンシルの活動を補佐するため12のパーテイーから選ばれた者で構成する「コミテイ」があります。
  このようにはるかぜクラブは、役員のもとに審議機関の「カウンシル」と執行機関の「コミテイ」により運営されています。
   《6つのコミティ―》
     アナウンス(放送)、ブックス(図書)、ヘルス(保健)、エコ(環境美化)、イベント(企画)、クラブ(活動)

○パーティー
  パーティーとは、生徒の誕生月ごとに分けた12のグループで、はるかぜクラブの基本的な活動単位となります。
  ホームルームや学年の枠を超えた活動が行われることにより、価値観の違いなどを学びあう良い場所となります。
  各パーティーのリーダーとサブリーダーは、パーティーメンバーのまとめ役の他に、カウンシルのメンバーとして役員会からの
  相談に応えたりします。また、コミティーのメンバーもパーティーから選ばれます。
   《12のパーティー》
1月:すいせん Daffodil 7月:ゆり Lillie
2月:たんぽぽ  8月:ひまわり Sun Flower
3月:すみれ Violet 9月:オリーブ Olive
4月:さくら Cherry 10月:コスモス Cosmos
5月:はなみずき  11月:つばき Camellia
6月:あじさい Hydrangea 12月:ひいらぎ Holly