新潟・東北遠征
(08.06〜08.10)
 8月6日から10日にかけて新潟・東北方面へ遠征に行ってきました。
 初日は、早朝5時に出発して新潟県にある長岡高等学校へ向かいました。途中サービスエリアへ立ち寄りましたがあまりの暑さに驚きました。この日の新潟はいつもより暑かったようで最高気温が38℃と猛暑日でした。
 9時くらいに長岡高校へ到着して練習試合を行いました。
 ストライクを取りにいったボールを打ち込まれて2連敗。課題が作られた試合となりました。反省して明日に繋げます。
 試合後、長岡市にある東泉閣に宿泊させていただきました。旅館の方がとても明るく、丁寧に対応していただきました。おかげさまで疲れをとることができました。ありがとうございます。
 
 二日目は、急遽試合会場が変更して悠久山野球場となりました。夏の大会でも使用される野球場です。
 第一試合は、長岡向陵高校です。点を取ればその次の回に取り返されてのシーソーゲームの展開でした。1点差で負けていた8回。フォアボールで出塁した後に、フィルダースチョイスで0アウト1,2塁。ここで、7番打者の大久保がレフト前ヒット!そこからチャンスを物にして一挙に5点取り逆転勝利となりました。
 第二試合は、北越高校です。佐賀と矢田貝雄太が投げての投手戦となりました。
 6回まで2対2と同点でしたが、7回にデッドボールから3塁打を打たれて逆転を許します。8回にも追加点を浴びてそのままゲームセット。
 
 三日目は、福島県へ立ち寄り震災場所見学をしました。至る所に仮設住宅があり、まだ震災が残した爪痕は消えていないのだと知ることができました。
 見学後秋田県能代市へ移動しました。夕方に到着後、グラウンドをお借りして練習で汗を流しました。練習場の近くには、世界遺産である白神山地があるなど、大自然に囲まれた野球場で気持ちよく練習ができました。
 この日は、二ツ井高校の合宿所にお泊りです。お母さんたちが夕食を作ってくださり温かいおもてなしをしてくださいました。
 
 四日目は、二ツ井野球場で二ツ井高校と練習試合です。
 序盤に先制してリードを守りながら試合を進めることができました。途中ホームランを打たれて崩れそうになりましたが、なんとか抑えて最初のリードを守り抜き勝つことができました。
 試合後は、合同練習をしました。この日もとても暑く選手たちも疲れがピークのようでしたが、他校との交流をして楽しそうでした。
 
 五日目は、青森県八戸市にある八戸工業大学第一高等学校へ向かいました。
 一昨年に訪れた際は、大雨で試合をすることができなかったため念願叶っての試合となりました。
 序盤、フォアボールから1点先制して膠着状態が続きます。五回、矢田貝敦也がセンター前ヒットを打ってから佐藤も足を使っての内野安打を決めるなど、東風らしい展開で2点を加えることに成功しました。投手の佐賀も締まるピッチングをして1点に抑えて勝つことができました。県南選抜の自信に繋げていきたい試合内容となりました。
 二試合目は、神奈川大会でベスト8までいった横浜隼人高校との対戦です。
 序盤に打ち込まれて大量失点してしまいます。しかし、諦めることなく終盤に何点か返しますが及ばず大敗を喫しました。
 遠征通じて3勝4敗という結果で終わりました。
 今回の遠征をやるにあたって保護者を始め遠征先である先生方など多くの関係者にご協力いただきました。お忙しいなかありがとうございます。
 県南選抜が間近に迫っています。このまま全力で走って参りますので応援よろしくお願いします。